EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、訪問看護ステーション、IT事業、Body +、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

歩行動作分析に欠かせない3つのポイントとは?

目標を目指して歩く人物 - 人物イラスト|無料素材

 

臨床に出て歩行動作を治療するうえで、

動作観察、動作分析は嫌というほど見ていく必要があります。

 

治療と評価はセットである。

 

これは学生時代からも耳にタコができるほど言われ続けてきた言葉であり、

セラピストにとっても奥義といっても過言ではないのではないでしょうか?

 

特に歩行動作は瞬間的な動作の繰り返しであり

なかなかとらえるということが難しかったりします。

私自身も歩行動作を8層に分けて(IC~Tswまで)

それぞれがどのようになっているかを表現する方法を学生時代に取ってきました。

 

歩行の動作観察については、本当に数をこなすしかないと

今でもつくづく思います。

もしこれを読んで歩行動作観察に苦手意識を持っているのであれば

少しでも安心していただけるようなものになればいいなと思います。

 

歩行動作分析に欠かせない3つのポイントとは?

歩行の動作観察、動作分析が苦手な人に共通することは

見ている視点が定まっていないということではないでしょうか?

 

漠然と全体の雰囲気を眺めるだけになっており、

その漠然とした動作を漠然と捕えようとしているからこそ

何を見ればいいのかがわかっていないのだと思います。

 

そこで、動作分析を行う上で欠かせない視点を3つお伝えしましょう。

 

1つ目は重心位置です。

歩行動作は重心を支持基底面外に放り投げながら歩く動作になります。

そのため重心位置がどこにあるのかをきちんと理解しておく必要があります。

重心位置がどこにあるのか、どういう動きになっているのかを理解し、

着目すると今どのような動作になっているのか、どういう動きをしているのか、

何が問題になっているのかをわかりやすくなると思いませんか?

 

2つ目は左右対称性です。

歩行は左右対称の動きになっているはずです。

その動きに差異が起こっていたり、重心位置が片方にずれていたりしていると、

不自然な点などが見当たると思います。

その問題点を考えると、歩行動作分析は格段に進みやすくなると思います。

 

3つ目は寝返り~立位までの動きです。 

歩行動作を理解するためには起居動作~立位までの各動作の問題点が、

すべて集約されるといっても過言ではないと私は思っています。

なぜなら背臥位姿勢から支持基底面は徐々に小さくなります。

その背臥位姿勢からの支持基底面内での重心移動がうまくできていないと、

歩行動作において足底面しかついていない状態で

重心移動がうまく行えるはずはありませんよね。

 

つまり自分の身体の中でうまく動けるかどうかは

寝返り~立位までの中に問題点が出現しているはずです。

 

いかがでしたでしょうか?

歩行動作の評価をする上で、

歩行動作だけ見ていても問題点を理解することはできません。

全ての動作をきちんと評価していけるかどうかが、

歩行動作の評価には重要ですので、ぜひ覚えておいていただければと思います。

 

もし苦手だと思う人は以下のセミナーをご紹介します。

ぜひご検討ください。

seminar.ep-och.com

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

【そのほかのセミナーラインナップ】

理学・作業療法士 セラピスト向けリハビリテーションセミナー

 

エポックでは、自費訪問リハビリサービス・訪問看護ステーション・エポックボディープラス・セラピスト向けセミナーを行っています。

 自費訪問リハビリサービス | 自費訪問リハビリなら EPoch-エポック-

兵庫県伊丹市の訪問看護はエポック訪問看護ステーション - エポック訪問看護ステーション

阪急稲野駅JR猪名寺駅からスグ!カラダのことならEPoch Body+エポックボディープラス 

 

#リハビリ #理学療法士 #作業療法士 #言語聴覚士 #エポック #リハビリテーション #エポックオンラインスクール #オンラインセミナー #セミナー #歩行 #歩行分析