EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、訪問看護ステーション、IT事業、Body +、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

動画で学ぶ片麻痺治療|森之宮病院の紀伊先生による実技動画が人気です

リハビリ 画像 | 無料のベクター、ストックフォト、PSD

 

皆さんはボバース治療の現場を見たことがありますか?

ボバース治療というと、静かな部屋で静かにリハビリをやっている

という印象を私自身は持っていました。

 

しかしながらそんなこともなく、

患者様が積極的にリハビリをされている場面を若手の時に見た時に、

今まで持っていた概念が覆されたのを覚えています。

 

2月からシリーズで開催してきた森之宮病院病院の紀伊克昌先生による

脳卒中片麻痺後遺症者の姿勢と運動の分析セミナーが最終回を迎えます。

 

今回は移動(歩行機能)へと進行するための基本的練習課題というテーマで

患者様の治療場面を余すことなく拝見することができますので、

もしあなたがボバース治療現場が知りたいと思っているのであればおすすめですよ。

 

患者様治療場面を見れるとても良い機会

先日、紀伊先生より

「患者様の治療場面動画を送りますのでモザイク処理をお願いします」

というご連絡がありました。

 

今まで動画にモザイクを処理するという作業をしたことがありませんでしたので、

「???????」

と頭を悩ませながら作業を行ってきました。

それが先日やっと終了したので一安心したところです。

 

患者様の治療場面を拝見していて思うことは

とても繊細なタッチで患者様の動作誘導をされておられるなという印象を受けました。

 

一つ一つの動作をいかに無理なく優しく誘導しておられるか

これは動画を見れば一目瞭然だと思います。

 

患者様治療をしていて思うのは思った通りに動けなかったり動かせなかったりすると、

セラピスト側も力を入れて誘導しようとする場面があることに

心当たりがある方もおられると思います。

 

しかし、いかに力を入れずに誘導するかどうかが片麻痺患者様の治療では重要です。

 

本セミナーではその内容についてご指導いただける予定になっています。

 

歩行動作改善の治療に悩むあなたにおすすめ

皆さんはこのような患者様の悩みはありませんか?

 

・立位姿勢が安定しない

・歩行の際のステッピングがうまくいかない

・左右への重心移動を促すことができない

・連合反応が出てしまい筋緊張が亢進してしまう

 

立位姿勢や歩行動作だけでなく、座位や背臥位姿勢についても

様々な神経回路が働きながら姿勢制御を行っているのです。

 

特に歩行動作のコントロールは

脳卒中片麻痺患者様を担当していると、様々な場面で問題が出現し、

どう治療したらいいか迷ってしまうということはありませんか?

 

このセミナーでは患者様の治療場面を動画で見ながら、

紀伊先生が一つ一つを解説してお話しいただくことができます。

 

学生時代に紀伊先生の実習を受けているような感覚に陥ることでしょう。

もしあなたが片麻痺治療に興味があるのであればぜひこのセミナーをお勧めします。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

seminar.ep-och.com

 

 

【そのほかのセミナーラインナップ】

理学・作業療法士 セラピスト向けリハビリテーションセミナー

 

エポックでは、自費訪問リハビリサービス・訪問看護ステーション・エポックボディープラス・セラピスト向けセミナーを行っています。

 自費訪問リハビリサービス | 自費訪問リハビリなら EPoch-エポック-

兵庫県伊丹市の訪問看護はエポック訪問看護ステーション - エポック訪問看護ステーション

阪急稲野駅JR猪名寺駅からスグ!カラダのことならEPoch Body+エポックボディープラス 

 

#リハビリ #理学療法士 #作業療法士 #言語聴覚士 #エポック #リハビリテーション #エポックオンラインスクール #オンラインセミナー #セミナー #脳血管障害 #ボバース #治療