EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、訪問看護ステーション、IT事業、Body +、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

片麻痺患者様の連合反応がなかなか抑制できないと悩んでいませんか?

脳みその写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

 

臨床の中でこのような経験で悩んでいませんか?

 

・片麻痺患者様の連合反応がなかなか抑制できない

・内反尖足が増強して可動域制限に悩んでいる

・ハサミ足が出現してうまく歩行介助ができない

 

これらの悩みはあなただけの悩みではありません。

おそらく若手セラピストの方々すべてに共通する悩みだと思います。

そのあなたにおすすめのセミナーを今日は紹介してみたいと思います。

 

連合反応の抑制のために必要な評価法を教えます。

脳血管障害のリハビリテーションを行う上で

連合反応や痙縮が問題になることは多いと思います。

痙縮とは運動速度依存性の伸張反射の亢進のことを指し、

腱反射の亢進を伴います。

 

まずは痙縮のメカニズムを理解したうえで、なぜ伸張反射が亢進しているのか、

どのような動作で更新しているのかを理解する必要があります。

 

たとえば寝返り動作ひとつとっても、なぜそのように努力性に行っているのか、

なぜその姿勢で非麻痺側が過剰に働いているのかを理解しなければいけません。

 

臨床の中では痙縮に対してボトックス注射を行って治療する方法もあります。

脳卒中治療ガイドライン2015において痙縮に対する治療として

グレードAで推奨されており、とても効果があると期待されていますが、

あくまで痙縮の程度を下げるものであって、

その後の治療はリハビリテーションに期待されています。

 

その治療を進めるにあたって必要なことを本セミナーでは学べます。

seminar.ep-och.com

 

動作から考える片麻痺患者様の連合反応の治療法を学ぼう

また、前述したとおり動作の中でどこに努力性の動作が起こっているのか

を理解することも重要な評価方法になります。

 

過剰に努力性の動作を起こしているということは、

その動作に必要な筋収縮がうまく働いていないということになるのです。

 

そのため過度な筋収縮を起こしており、

中枢から末梢にかけて伝達されるべき神経伝達物質が放散現象を引き起こし、

必要でない部分への筋収縮が出現してしまうという現象が起こります。

 

この現象を抑制しなければ連合反応を抑制することはできません。

 

もしあなたが片麻痺患者のリハビリに難渋しているのであれば、

背臥位姿勢や座位姿勢の問題点から評価を始めてみてはどうでしょうか?

 

具体的には、

「テンタクル活動」

「ブリッジ活動」

「ブリッジーテンタクル活動」

「カウンターバランス」

「腰椎骨盤リズム」

「頭部体幹戦略・上下肢戦略」

について理解する必要がありますので詳しく解説していただきます。

 

全体を通して、それぞれの姿勢での治療がそれぞれ関連を持っていて、

最終的に歩行につながることを理解できるセミナー構成として頂く予定です。

seminar.ep-och.com

 

あなたのご参加を心よりお待ちしております。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

【そのほかのセミナーラインナップ】

理学・作業療法士 セラピスト向けリハビリテーションセミナー

 

エポックでは、自費訪問リハビリサービス・訪問看護ステーション・エポックボディープラス・セラピスト向けセミナーを行っています。

 自費訪問リハビリサービス | 自費訪問リハビリなら EPoch-エポック-

兵庫県伊丹市の訪問看護はエポック訪問看護ステーション - エポック訪問看護ステーション

阪急稲野駅JR猪名寺駅からスグ!カラダのことならEPoch Body+エポックボディープラス 

 

#リハビリ #理学療法士 #作業療法士 #言語聴覚士 #エポック #リハビリテーション #エポックオンラインスクール #オンラインセミナー #セミナー #脳血管障害 #連合反応 #痙縮