EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、訪問看護ステーション、IT事業、Body +、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

装具療法を進めるうえで必要な歩行分析の3つの視点とは?

装具の写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

 

皆さんは義肢装具を使った治療をされていますか?

脳卒中患者様の治療では、長下肢装具や短下肢装具、SHBなど

様々な装具を使用した歩行練習を促していくと思います。

 

クリニックや整形外科の急性期ではなかなかお目にかからないかもしれませんが、

覚えておくことに越したことはないと思います。

 

なぜなら訪問リハビリ分野では本当に当たり前のように

装具の調整の知識が必要になるからです。

 

先日新しい患者様のリハビリを開始することになりました。

その患者様は病院で長下肢装具を使って歩行練習をされていたようですが、

自宅ではほぼ使えていないという状況でしたので

自宅でも使いながら練習していこうという話になりました。

 

長下肢装具は使い慣れていないとセッティングも管理も比較的難しかったりします。

あなたは長下肢装具の調整はできますか?

 

上手に使えば効果的な長下肢装具の使い方を学ぼう

あなたは臨床の中でこのような内容で悩んでいませんか?

 

・脳卒中患者様の装具療法について何を選べばいいかわからない

・歩行動作分析がうまくいかないから問題点がわからない

・脳卒中患者様を効率的に評価する方法を教えてほしい

 

このような悩みは比較的多く聞かれます。

しかしながら特に訪問分野ではその装具を実際診て練習するということもできず、

なかなか教えてもらえるという機会は少ないかもしれません。

 

臨床において、脳卒中患者様の下肢装具の選定をすることは

理学療法士にとって基本的かつ重要な仕事です。

 

しかしながら、下肢装具の選定方法をリハ医に任せっきりにしていませんか?

本来であれば理学療法士が評価し、きちんと提示すべきところですが

SHBやオルトップAFOでいいかとなっていませんでしょうか?

 

装具療法は上手に使い分けることができれば

患者様の自立度を上げたり、

日常生活の活動量を上げる手助けができるようになります。

 

もしあなたが装具療法に興味があるのであれば

7月から開始する装具療法のシリーズセミナーをお勧めします。

seminar.ep-och.com

 

装具療法を進めるうえで必要な歩行分析の3つの視点とは?

 

装具療法には歩行分析能力が必要不可欠です。

観察する3つのポイントとは

・下腿の動き

・体幹の動き

・重心位置

です。

 

今回の講義では装具を選定するために、なぜ4相に分けるのか?

どのような4相なのか?

なぜこの3つのポイントが重要なのか?

 

をわかりやすく根拠をもって説明していただきます。

もしあなたが歩行分析は苦手だ、と思われているのであれば

このあたりに着目して評価していくといいかもしれませんね。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

【そのほかのセミナーラインナップ】

理学・作業療法士 セラピスト向けリハビリテーションセミナー

 

エポックでは、自費訪問リハビリサービス・訪問看護ステーション・エポックボディープラス・セラピスト向けセミナーを行っています。

 自費訪問リハビリサービス | 自費訪問リハビリなら EPoch-エポック-

兵庫県伊丹市の訪問看護はエポック訪問看護ステーション - エポック訪問看護ステーション

阪急稲野駅JR猪名寺駅からスグ!カラダのことならEPoch Body+エポックボディープラス 

 

#リハビリ #理学療法士 #作業療法士 #言語聴覚士 #エポック #リハビリテーション #エポックオンラインスクール #オンラインセミナー #セミナー #装具 #歩行 #訪問リハビリ