EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、訪問看護ステーション、IT事業、Body +、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

腸腰筋へのアプローチが間違っている可能性あり?|全身を複合的にみる方法教えます

心に強く訴える腰痛 イラスト フリー素材 - 美しい花の画像

 

腰痛治療でよく腸腰筋のリリースをされている場面をよく目にします。

しかしながら、本当に腰痛治療には腸腰筋をリリースすればいいのでしょうか?

 

・体幹治療の方法がわからない

・腸腰筋をリリースしているのになかなか腰痛が治らない

・下肢と体幹のつながりがわからない

 

体幹治療を考える上で、今回のセミナーを理解することができれば、

あなたの体幹治療は劇的に変わると思いますよ。

 

体幹治療には下肢や頭頚部までを複合的に評価しよう

 

あなたは本当の意味でのインナーマッスル存在を知っていますか?

よく筋肉は

「インナーマッスル」と「アウターマッスル」

という分け方をされますよね?

 

インナーマッスルやアウターマッスルという考え方はとても重要です。

しかしここで考えておきたいのは体幹だけでなく、

下肢や頭頚部に至るまで

筋は連結しているという考え方をしなければいけません。

 

前述したとおり、腸腰筋は股関節から脊柱に連結しています。

この筋が働くことで体幹へアプローチしているのはわかりますよね?

 

このように腸腰筋は脊柱や骨盤に連結します。

筋膜連鎖的に考えるのであれば、

内転筋を通じて膝窩筋や膝の関節包に繋がっているのを知っていますか?

そこから足底に向かって走っているのです。

 

筋膜連鎖的に考えるのであれば、腸腰筋へアプローチするのであれば

筋膜連鎖的に足底にもアプローチするとより効率的にアプローチできるのですね。

 

事実、DFL(Deep Flont Line)では筋膜連鎖を通じて足底にまで到達しています。

このように体幹治療には足底や顎関節に至るまで治療をしていく必要があるのです。

 

問題となる点はどこになるのか?複合的にとらえる視点を持とう

前述したとおり、問題点が痛みの個所にあるということは

比較的稀だったりします。

 

なぜその部分に痛みが出ているのか?

どのようなアライメントをしているのか?

どのように評価していかなければいけないのか?

 

問題となっている点がどこから出現してきているものなのかを

複合的に捕らえる視点を持たなければいけません。

 

確かに腰痛の問題を足底から考えるというのはなかなか難しいかもしれません。

 

しかしながら、ハムストリングスや頭頚部、横隔膜

このあたりが問題になることは多々あります。

 

もしあなたが腰の痛みをなかなか改善に導くことができないと悩んでいるのであれば、

このような視点を持つことをお勧めします。

 

今後、筋膜治療についてのオンラインスクールを開催する予定にしていますので、

ぜひご参加をご検討ください。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

【そのほかのセミナーラインナップ】

理学・作業療法士 セラピスト向けリハビリテーションセミナー

 

エポックでは、自費訪問リハビリサービス・訪問看護ステーション・エポックボディープラス・セラピスト向けセミナーを行っています。

 自費訪問リハビリサービス | 自費訪問リハビリなら EPoch-エポック-

兵庫県伊丹市の訪問看護はエポック訪問看護ステーション - エポック訪問看護ステーション

阪急稲野駅JR猪名寺駅からスグ!カラダのことならEPoch Body+エポックボディープラス 

 

#リハビリ #理学療法士 #作業療法士 #言語聴覚士 #エポック #リハビリテーション #エポックオンラインスクール #オンラインセミナー #セミナー #腰痛 #筋膜 #腸腰筋