EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、訪問看護ステーション、IT事業、Body +、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

エポックオンラインスクール第二弾!呼吸リハセミナーが開講しました!

人工呼吸の写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

 

エポックのオンラインスクールとして現在心リハスクールが開催中ではありますが、

この度呼吸リハスクールも開講しました!

 

・今年から呼吸リハを勉強してみようと思っている

・今現在、呼吸器疾患の患者様のリハビリで悩んでいる

・神経筋疾患の患者様で呼吸器を触る機会が多い

・ベッドサイド、ICUでのリハビリテーションに悩んでいる

 

昨年からSTの呼吸リハの算定も取れるようになり

今後ますます呼吸リハに対するニーズは増えていくことだと思います。

そんな中で基本的な知識から徹底的に

呼吸リハを学ぶことができるセミナーはないものか、

と考えておられるあなたにはおすすめのセミナーになっておりますので、

ぜひご検討ください。

 

seminar.ep-och.com

 

なぜ今後呼吸リハのニーズは増えるのか?

さて、なぜ今後呼吸リハのニーズは増えてくるのかという命題について、

たばこの歴史に触れてみたいと思います。

 

たばこの販売が開始されたのは江戸時代から始まっていますが

近代煙管から紙タバコに変わりだしたのは明治後半からと言われており、

主流になりだしたのは大正12年だとのことです。

 

しかも第二次世界大戦後はタバコは配給制として配給されており

比較的民衆の中に浸透していました。

つまり今の高齢者の方々にとって、

昔はタバコは配給されるようなものという認識だったようです。

 

今では一箱500円超もしますが、時代の流れをさかのぼってみると面白いものですね。

つまり、喫煙者はかなり多かったものと推測します。

 

喫煙者の肺の状態をあなたは見たことはありますか?

どす黒く、拡張機能もあまりないような状態に陥っているのです。

このような患者様が今後さらに増えてくると予想できますよね。

 

後期高齢化社会において呼吸リハの知識は必須です

病院から在宅に復帰されてこられた患者様を診ていくと

安定して生活できている患者様は一握りです。

大体は在宅に帰ってきても活動量が確保できず、

日々の生活の中で寝ていることが多いという患者様は少なくありません。

 

このような状態ではまた病院に逆戻りになると思いませんか?

 

そのような患者様をサポートしていくためには、

呼吸リハの知識や心リハの知識は必要不可欠なものになっていくと思われます。

 

もちろん、それだけではありません。

しかしながら内科的な面を理解しておかなければ

在宅ではモニターがあるわけでもありませんし、

看護師や医師が常駐しているわけではありません。

 

何かあった時にすぐ対処できるための方法はないのです。

その時にいつもと違うぞ!というアラートを鳴らせるかどうかは

セラピストのフィジカルアセスメントの知識が重要になるのです。

 

その知識をしっかりと付けたいのであれば、

呼吸リハ、心リハの知識を今からでも身に着けておくことをお勧めします。

皆さんのご参加を心よりお待ちしております。

 

seminar.ep-och.com

 

 

【そのほかのセミナーラインナップ】

理学・作業療法士 セラピスト向けリハビリテーションセミナー

 

エポックでは、自費訪問リハビリサービス・訪問看護ステーション・エポックボディープラス・セラピスト向けセミナーを行っています。

 自費訪問リハビリサービス | 自費訪問リハビリなら EPoch-エポック-

兵庫県伊丹市の訪問看護はエポック訪問看護ステーション - エポック訪問看護ステーション

阪急稲野駅JR猪名寺駅からスグ!カラダのことならEPoch Body+エポックボディープラス 

 

#リハビリ #理学療法士 #作業療法士 #言語聴覚士 #エポック #リハビリテーション #エポックオンラインスクール #オンラインセミナー #セミナー #呼吸リハ #COPD