EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、訪問看護ステーション、IT事業、Body +、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

リハビリ栄養という考え方を持とう|私の食事量は一日3240kcal!?あなたはいくら?

大食いの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

 

先日、coco壱番屋のカレーを食べに行きました。

そこでご飯1㎏を食べようという話になり食べきったのはいいのですが、

いったいいくらの摂取カロリーになるのか?

 

ちょっと不安になり調べてみたのですが、

ご飯1㎏でカレールーも入れると1.6kg食べている計算になるそうです。

 

米一合は150gなので約6.7合になるそうで、

150gのお米をたくと330gになるそうで486kcal×6.7合で3240kcal

ごはんだけで男子1日分カロリ−を取り込むことになる計算になるそうです。

 

いやぁ。

マジで腹いっぱいになって倒れそうでした。

とまぁ、このように一日の摂取カロリーを計算してみると

結構なカロリー量を摂取していることに驚いたのですが

あなたは自分の食事のカロリー量について考えたことはありますか?

 

リハビリに必要な栄養学を学んでみよう

さて、先ほど私自身が昨日食事をとったカロリー量について計算してみましたが、

あなたは自分の患者様の摂取カロリー量について

考えたことはありますでしょうか?

 

人間が摂取する食事は活動するときに必要なエネルギー量を確保しています。

しかしながら、高齢者の方がらは栄養をきちんと接種できず、

その状態で活動しようとします。

当然ながら車もガソリンを入れないと動けないのと一緒で、

人も食事をとらないと動けません。

blog.ep-och.com

 

そのため食事をとらない高齢者は自然と活動量は減るわけで

なかなかうまくリハビリも進みませんよね。

 

ここで考えるべきはリハビリの負荷量の話ではなく、

どのような食事な食べられるのか?

どうすれば食べられるのかということです。

少なくてもカロリー量が高い食事を提供すべきなのか、

それとも低カロリーでもいいから好きなものから食事をとればいいのか。

 

どちらを選択すべきだと思いますか?

 

エポックではリハビリに必要な栄養状態の評価方法を教えます

近年、リハビリテーション栄養(リハ栄養)が注目されています。

 

・仙骨に褥瘡ができている

・皮膚状態があまりよくない

・歩行練習をしていてもなかなか良くならない

・筋力トレーニング効果があまり上がってこない

 

このような患者様は少なくないと思います。

そうしたあなたにはぜひリハビリ栄養についての勉強をお勧めしたいと思います。

 

リハビリ技術についてはあなたは徹底的に学んでくださっていると思います。

そのリハビリ結果をより高めるためにも、栄養学の視点を持つことができれば、

より効率的なリハビリを提供できると思いませんか?

 

seminar.ep-och.com

 

ぜひあなたのご参加を心よりお待ちしております。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

【そのほかのセミナーラインナップ】

理学・作業療法士 セラピスト向けリハビリテーションセミナー

 

エポックでは、自費訪問リハビリサービス・訪問看護ステーション・エポックボディープラス・セラピスト向けセミナーを行っています。

 自費訪問リハビリサービス | 自費訪問リハビリなら EPoch-エポック-

兵庫県伊丹市の訪問看護はエポック訪問看護ステーション - エポック訪問看護ステーション

阪急稲野駅JR猪名寺駅からスグ!カラダのことならEPoch Body+エポックボディープラス 

 

#リハビリ #理学療法士 #作業療法士 #言語聴覚士 #エポック #リハビリテーション #エポックオンラインスクール #オンラインセミナー #セミナー #リハ栄養 #食事