EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、訪問看護ステーション、IT事業、Body +、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

脳卒中患者様の脳画像所見で〇〇をみるならMRIを選ぼう

Mri, 磁気, X 線, 頭蓋骨, 頭, 脳, 医療, 放射線学, 調査, チェック, 人間, ガラス状の

 

「脳卒中患者様のリハビリをする前に必ず確認しておきたいことといえばなんですか?」

という質問を昔、後輩にされたことがあります。

私は間髪入れずに

「脳画像です」

と答えたのを覚えています。

 

ですが実際、

学生時代には脳画像の見かたは触りしか教えてもらえない

なんてことは少なくありません。

むしろ今の学生教育は国家試験に通過するため用の教育がメインだ

という声さえ上がっている状況のようです。

 

・脳画像の見方がわからない

・MRIとCTでどう使い分けているのかわからない

・どの部位でスライスされているところなのかわからない

 

このような疑問点というものは比較的多いと私は感じています。

もしあなたがそう感じているのであれば

今日のブログは少しでもためになるようになればいいなと思います。

 

脳画像の断面はまず正常画像を理解しよう

よく、脳画像だけでなくレントゲン所見でも一緒なのですが

患者様の状態を確認するために画像をみてみた、という話を耳にします。

しかし、骨折していたり出血しているような画像を目にしても、

実際どこがどうなっているのかがいまいちよくわからない

といったことはありませんか?

 

骨折であれば、折れてるなというのがわかると思いますが

脳画像で出血が起こっている状態であれば、

どこにどんな組織があるのか明確に分かりにくいという状況が多々あります。

 

もしそういう経験をしたことがあるという方は、

まず正常画像を頭に入れておく必要があります。

 

昔、私が習った画像所見の見かたとして、まず正常画像を頭に叩き込みます。

それを合わせ鏡のように画像に重ねてみろと言われたのを覚えています。

 

正常画像でどこにどんな組織があるのかを理解し、

そのうえで疾患の画像を見ることで

より明瞭に画像を見分けることができるという方法になります。

7月から開始する

「セラピストの脳画像の見かた」

のシリーズセミナーでは

各断面における脳画像の部位の説明から、

症状の出方に至るまで詳しく教えてくださいますから、

もし興味があれば見てみてください。

 

seminar.ep-och.com

 

CTとMRIでは見ているものが異なります

 

さて、画像所見の基本的な内容になりますが、

CTとMRIで何がどう違うのかあなたは理解していますか?

 

脳卒中患者様の所見において、

MRIもCTも撮っているけど、どれをどう見ればいいかわからない

という悩みは尽きません。

しかもかなりの枚数画像所見を取りますので、

何が何だかわからないと悩むことがあるはずです。

 

ですが、MRIとCTでは見るものが異なるということを、

簡単にまず理解しておきましょう。

 

まずCTは、いわゆるレントゲンと一緒でX線を吸収するものであるということです。

頭部の救急病変をすぐに撮影できるので、

外傷などの際に考えられる出血などの確認のために用いられます。

 

ではMRIは何を見ているのか?

MRIは時期の共鳴によって撮影を行います。

つまり水分子やそれ以外を明瞭に分けるといったことができます。

そのため脳梗塞のような細かな病変を見つけることができ、

血液が滞っていたり、造影剤なしで血管の画像が得られたり

とすることができるのです。

 

このように、何をどう見ているのか?ということさえ覚えておけば

何のために脳画像を見ているのかがわかりやすいですよね。

 

では今日はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

【そのほかのセミナーラインナップ】

理学・作業療法士 セラピスト向けリハビリテーションセミナー

 

エポックでは、自費訪問リハビリサービス・訪問看護ステーション・エポックボディープラス・セラピスト向けセミナーを行っています。

 自費訪問リハビリサービス | 自費訪問リハビリなら EPoch-エポック-

兵庫県伊丹市の訪問看護はエポック訪問看護ステーション - エポック訪問看護ステーション

阪急稲野駅JR猪名寺駅からスグ!カラダのことならEPoch Body+エポックボディープラス 

 

#リハビリ #理学療法士 #作業療法士 #言語聴覚士 #エポック #リハビリテーション #エポックオンラインスクール #オンラインセミナー #セミナー #脳画像 #脳卒中 #画像所見