EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、訪問看護ステーション、IT事業、Body +、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

脳卒中片麻痺の歩行でBack kneeが起こる理由とは?

 

脳卒中片麻痺患者様の治療をする上で悩む現象の一つとして

立脚相のBack knee現象があります。

 

そのため、歩行周期における立脚初期~中期に

前方への重心移動がスムーズに行うことができず、

歩行練習に支障をきたすため何とかしたい、

と感じたことがあるセラピストは少なくないはずです。

 

私自身も比較的片麻痺患者様の治療に携わって来ましたので

Back kneeを呈する患者様をよく目にしました。

 

そのたびに原因が様々でなかなか治療が難しいな

と感じることは多々あります。

 

・立脚相のBack kneeが起こる理由がわからない

・どこから治療すればいい変わらない

・どのように治療過程を進めていくべき変わらない

 

このように感じておられるあなたに向けて

今日は書いてみたいと思います。

 

Back kneeの治療は床反力線を意識して考えてみよう

さて、今日は少し物理学の話になります。

Back kneeが起こる現象や理由についてですが、

これは物理学的に理由を考えてみると簡単になりますのでお付き合いください。

 

さて、

床反力とは身体(主には足底)と床の接触部分から

生じている反力のことであり、

上下方向、左右方向、前後方向の成分に区分されるとされています。

つまり、私たちが重力に抗して立っている状態のとき、

重心は下方へのベクトル(やじるしのようなもの)が

向かっているものに対して、

床から重心に同じようなベクトルが向かってきており、

それらが拮抗して今立位がとれている

という考え方です。

 

 

まずはベクトルについての考え方を個々で理解しておきましょう。

 

次に、膝関節という構造について考えます。

膝関節は蝶番関節として、屈曲伸展運動が可能です。

立位姿勢において膝が曲がるという運動は

踵と股関節を結ぶ線が膝関節の後ろにベクトルが通ることで、

屈曲伸展運動が可能になるのです。

その時の筋収縮の働きについてはいったん置いておきましょう。

 

つまり、ベクトルが関節のどちら側を通るかが重要だということです。

 

では歩行動作に当てはめて考えてみましょう。

 

Back kneeという現象は

膝関節の膝蓋骨側をベクトルが通ることで

膝関節の伸展方向へのへの力が働いている現象になります。

 

原因としては様々ありますが、

このベクトルを理解しておくと、

なぜBack kneeが起こるのかが理解できますよね。

 

では、

・何が原因でBack kneeが起こっているのか?

・どのように治療を進めればいいのか?

 

ということについては、

こちらのセミナーで詳しくご講演をいただきたいと思います。

 

seminar.ep-och.com


もしあなたが興味があるのであれば、ぜひご参加をご検討くださいね。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

【そのほかのセミナーラインナップ】

理学・作業療法士 セラピスト向けリハビリテーションセミナー

 

エポックでは、自費訪問リハビリサービス・訪問看護ステーション・エポックボディープラス・セラピスト向けセミナーを行っています。

自費訪問リハビリ 関西の自費訪問リハビリはエポック

兵庫県伊丹市の訪問看護はエポック訪問看護ステーション - エポック訪問看護ステーション

阪急稲野駅JR猪名寺駅からスグ!カラダのことならEPoch Body+エポックボディープラス 

 

#リハビリ #理学療法士 #作業療法士 #言語聴覚士 #エポック #リハビリテーション #エポックオンラインスクール #オンラインセミナー #セミナー #脳卒中 #backknee #歩行