EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、訪問看護ステーション、IT事業、Body +、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

セラピストはなぜレントゲンを診れるようになるべきなのか?

胸部レントゲンの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

 

意外とレントゲンやMRIを

若手の時に教えてもらう機会って少なくないですか?

その理由を考えてみました。 

 

  • 画像所見を実は見れるセラピストが少ない
  • 病院医師に質問しずらい
  • 医師が言ってるんだからそうなんだろう
  • そもそも書籍が医師向けなのが多い

という理由から、

学生時代や若手時代に学ぶ機会が少ないのではないかと。

 

でも、患者様を対応するのに若手だろうがベテランだろうが、

患者様としては関係ありませんよね。

 

少しでも早く症状を理解し、

どのように治療展開をしていくかを考えるためには

少しでも状態把握が必須だと思います。

 

可動域練習をするのに骨の状態確認せずに行いますか?

行いませんよね?

だからこそ勉強していく必要があるのです。

 

レントゲン所見を診る意義とは?

まず大前提として、

セラピストはレントゲン所見を診て診断を下すことはできません。

当たり前のことではありますが、ここは押さえておきましょう。

 

ではなぜ勉強するのか?

 

それは多職種と情報共有を行うために必要だからです。

特に整形外科領域では、

  • どのような受傷起点であったのか?
  • 内部組織はどのような状態にあるのか?
  • 骨の状態は?

 

これらを医師に相談やお伺いを立てるときに、全くの無知の状態から 

「先生教えてください!」 

なんて、先生も忙しいのですから

イチから教えてくれるわけありませんよね。

だからこそポイントを押さえて質問する必要があるのです。 

 

多職種にポイントを押さえた質問は時間を有意義にすることができます

もしあなたがレントゲンやMRIの見かたを知っていたら

 

「骨折ってどこですか?」じゃなくて

「先生、骨折線ってここであってますか?」 

というふうに具体的に話を進めることができますよね?

 

ただここで注意が必要なのは、

それが受け入れてくださる医師もいれば

「こいつあつかましいな」

と思われる医師もいるということです。

※これは実体験ですので注意してくださいね。

 

でも知っておくことで、どのようにリハビリを進めるべきなのか

どのような治癒過程を経ているのかを理解することができますよね。 

 

レントゲン所見を診れるようになるためには?

ではどのようにすればレントゲン所見を見れるようになるのか?

ということですが、

これは私の昔の上司から教えてもらった練習法になりますが

 

1)きれいなレントゲン画像を覚える

2)同じ部位の疾患画像を見比べる

3)あとは1と2を延々繰り返す

 

という方法のようです。

 

結局のところ数を見るしか方法はありません。

 

ある医師は正常のレントゲン画像が寝ても覚めても

目の前に写るくらい凝視した

という話を聞いたことがあります。

 

リハビリの技術研鑽も同じですよね。

動脈の場所はもう目をつぶってもわかると思いますが

昔はわからなかったはずです。

 

ですが繰り返し実践することで分かるようになってきた。

これが技術の研鑽に繋がるのです。

 

あなたの技術を高めたいと思っているのであれば

結局のところ繰り返し行うしか方法はないのです。

ぜひ頑張ってみてくださいね。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

エポックでは、自費訪問リハビリサービス・整体院・セラピスト向けセミナーを行っています。

自費訪問リハビリ 関西の自費訪問リハビリはエポック

兵庫県伊丹市の訪問看護ステーションはエポック訪問看護ステーション

阪急稲野駅JR猪名寺駅からスグ!カラダのことならEPoch Body+エポックボディープラス 

理学・作業療法士 セラピスト向けリハビリテーションセミナー

 

#リハビリ #理学療法士 #作業療法士 #言語聴覚士 #エポック #兵庫 #伊丹 #尼崎 #レントゲン #画像所見