EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、訪問看護ステーション、IT事業、Body +、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

変形性膝関節症の評価は近位関節のアライメントをチェックしよう

f:id:EPoch:20210829124548j:plain

 

皆さんは変形性膝関節症の患者様を対応した経験はありますか?

臨床で働いていると、変形性膝関節症の診断が下りていなくても、

変形性膝関節症一歩手前の患者様を対応する機会はあると思います。

そうした時にあなたはどこを見て評価しますか?

 

  • 変形性膝関節症による膝の痛みが強い
  • どこからアプローチしていけばいいかわからない
  • 姿勢に対するアプローチ方法がわからない

 

これらの悩みは若手セラピストの時代には

かなりの確率で悩むことだと思います。

特に中間関節に位置する膝関節の治療は様々な影響を受けますので

難渋しやすいかもしれません。

そんなあなたにお伝えしたい内容になっています。

 

変形性膝関節症は姿勢全体から評価しましょう

f:id:EPoch:20210829125016j:plain
変形性膝関節症の評価は、

結論から申し上げますと

姿勢や動きから評価していくことから始めましょう。

なぜなら、骨盤や足関節などアライメントが崩れることで、

中間関節である膝関節はアライメントが簡単に崩れてしまうからです。

これは下肢運動器障害を担当する時には

覚えておかなければいけない原則です。

 

姿勢が崩れることにより、

運動連鎖が起こり変形性膝関節症が生じるというメカニズムですね。

ではどのような問題点が膝に影響を与えるのでしょうか?

 

姿勢が崩れることで生じる変形性膝関節症の問題点

 

さて、では足関節から考えてみましょう。

変形性膝関節症の話なのに足関節?

と思われると思いますが、

足部の縦アーチが崩れると膝関節にどのような影響があるか

理解していますか?

 

足関節の内側縦アーチが崩れ、偏平足になるとしましょう。

そうすると距骨は沈み込み、踵骨は回外します。

すると足関節の後ろから確認してみると

重心位置は内側に落ちることがわかると思います。

 

すると膝関節は外反が増強し、膝関節の内側の靭帯が伸長される

という状態に陥ります。

このように、遠位関節のアライメント異常で

このような状況になるのですから

骨盤や股関節のアライメント異常で

変形性膝関節症が出現することは容易に理解できますよね。

 

姿勢の評価方法や変形性膝関節症の原因を徹底的に学ぼう

f:id:EPoch:20210829125044j:plain
今回ご登壇いただく三谷先生は関西福祉科学大学で教授としてご活躍です。

臨床の中でも様々な研究論文を発表されておられ、

バイオメカニクスに精通されておられます。

変形性膝関節症の原因追及や、

どのようにアプローチをしていくかは

徹底的に本セミナーで学ぶことができますので、

もしあなたが変形性膝関節症の治療に悩んでいるのであれば、

ぜひ本セミナーをご検討ください。

 

あなたのご参加を心よりお待ちしております。

 

姿勢・動作からみた下肢運動器疾患へのアプローチ~変形性膝関節症~#996seminar.ep-och.com

 

 

【そのほかのセミナーラインナップ】

理学・作業療法士 セラピスト向けリハビリテーションセミナー

 

エポックでは、自費訪問リハビリサービス・訪問看護ステーション・エポックボディープラス・セラピスト向けセミナーを行っています。

 自費訪問リハビリサービス | 自費訪問リハビリなら EPoch-エポック-

兵庫県伊丹市の訪問看護はエポック訪問看護ステーション - エポック訪問看護ステーション

阪急稲野駅JR猪名寺駅からスグ!カラダのことならEPoch Body+エポックボディープラス 

 

#リハビリ #理学療法士 #作業療法士 #言語聴覚士 #エポック #リハビリテーション #エポックオンラインスクール #オンラインセミナー #セミナー #変形性膝関節症 #運動連鎖