EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、訪問看護ステーション、IT事業、Body +、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

片麻痺患者様のリハビリで感覚入力をする方法を学びませんか?

f:id:EPoch:20210905160539j:plain

 

脳卒中片麻痺患者様のリハビリにおいて、

なかなか麻痺側下肢に体重をうまく荷重できずに悩んだ

という経験はありませんか?

 

片麻痺患者様の麻痺側下肢の表在覚や深部覚が減弱しており

どのように体重がかかっているかわからない

という患者様は少なくありません。

 

その結果、

非麻痺側側で過剰に支持性を高めてしまい、

連合反応が強く出てしまって

麻痺側下肢が内反尖足位になってうまく体重がかからない

という状況に陥っている患者様に対して

あなたはどのようにアプローチをしていきますか?

 

  • 麻痺側下肢への感覚入力をどのようにすればいいかわからない
  • 連合反応の抑え方を知りたい
  • 動作学習がうまく入らない

 

このように感じておられるセラピストにおすすめのセミナーがあります。

 

なぜ麻痺側に荷重がかけにくいのか?

麻痺側側の感覚が低下していると、身体は浮いたような感覚になる。

と表現していた患者様がおられました。

 

我々は左右の身体の感覚はしっかりしていますが

片麻痺を呈した患者様は、

半身の感覚が減弱してしまうという方も少なくありません。

そうした方はベッドに寝ていても、

麻痺側だけ浮いてるような感覚に陥っているそうです。

 

この状態で荷重練習をするといっても

なかなか難しいものがありますよね。

私達であれば、

歩いてていきなり片足がマンホールに落ちるような感覚なのですから。

 

ではどのようにして感覚入力をしていくか、

が今日のブログのポイントです。

 

麻痺側の感覚入力は様々な器官を使って代償しよう

f:id:EPoch:20210905160739j:plain

さて、では感覚を司っているのは

なにも表在感覚や深部感覚だけではありません。

視覚や聴覚、嗅覚や味覚、触覚と様々な感覚器官が人間には備わっています。

 

この中で味覚や嗅覚を使って感覚入力は難しいですが

視覚や聴覚は感覚入力の代償手段には使えそうですよね。

 

麻痺側下肢への荷重を行うにあたって、

立位で荷重がかかっているか

視覚的にしっかり代償して感覚入力させる

というのも一つの方法です。

 

足の骨折後に全免荷の患者様を担当したことがありますか?

部分荷重練習をするときに、

体重計を両足の下において、視覚的に〇kgまで体重をかけましょう

という練習をしますよね?

 

このように今どこにどのように体重が乗っているのか?

を視覚的に代償することも

一つの感覚入力のトレーニングになると思いませんか?

 

他にも、本セミナーでは動作学習に必要な声掛けの方法や

資格の代償手段についてもご講演をいただきます。

 

・立てる筋力があるのになかなか立てない

・認知機能の問題でなかなかADLが上がらない

・歩けるはずなのになかなか動作学習がうまくいかない

 

このような悩みを持っているあなたにはおすすめですよ。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

脳血管障害の立位・歩行に対するリハビリアプローチ#1041 – エポックセミナー

 

エポックでは、自費訪問リハビリサービス・訪問看護ステーション・エポックボディープラス・セラピスト向けセミナーを行っています。

 自費訪問リハビリサービス | 自費訪問リハビリなら EPoch-エポック-

兵庫県伊丹市の訪問看護はエポック訪問看護ステーション - エポック訪問看護ステーション

阪急稲野駅JR猪名寺駅からスグ!カラダのことならEPoch Body+エポックボディープラス 

 

#リハビリ #理学療法士 #作業療法士 #言語聴覚士 #エポック #リハビリテーション #エポックオンラインスクール #オンラインセミナー #セミナー #片麻痺 #感覚 #荷重