EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、訪問看護ステーション、IT事業、Body +、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

モーメントや床反力って何?|膝折れ治療に必要な知識を紹介

f:id:EPoch:20210918100326j:plain

 

あなたはモーメントという言葉を聞いたことがありますか?

運動学を勉強していたら、

モーメントや床反力という言葉を

しょっちゅう耳にすると思います。

しかしながら実際のところ、

モーメントがいまいちよくわからない

という人もいるのではないでしょうか?

 

・力学が苦手だ

・モーメントがいまいちよくわからない

・なぜモーメントを知らなければいけないの?

 

もしこのような疑問があるのであれば、

今日のブログは少しはためになるかもしれません。

 

モーメントって何?

f:id:EPoch:20210918093153p:plain

運動学や運動生理学で力の働きを視覚化するために、

モーメントという言葉をよく使います。

モーメントとは、物理学の用語であり、

物体を回転させる力のことをモーメントと表現されます。

つまり、力を加えて物を動かすときの

ものが動く方向を視覚化するということですね。

 

上記の図のように

「力」と書かれている黒い矢印のことをモーメントといいます。

このような物体の動きを視覚化することが

モーメントといわれる力学の基礎です。

 

床反力って何だろう?

では次に必要な床反力とは何でしょうか?

床反力は、歩行などの運動中に、

床や地面などの支持面から足に作用する反力と表現されます。

私の体重は95㎏なのですが、

その私が直立すると、

床からも同じ力で押し返していると考えられています。

そのためつり合いが取れて地面に沈み込むこともなく、

しっかり直立することができるのですね。

このように、物体が触れているところには、

必ず床反力がかかっているという考え方を覚えておきましょう。

 

歩行動作を評価するならモーメントと床反力を覚えよう

f:id:EPoch:20210918100305j:plain

ではなぜリハビリ職種で

このような物理学の知識が必要なのかというと、

ヒトの身体の動きを理解するためには

物理学の知識が必要不可欠なのです。

 

なぜか?

 

それは重力に抗してヒトの身体は立っています。

そして多くの骨を筋肉で支えて立ち上がっているのですから、

それらの関節運動がどのようなモーメントを形成しているのか

を理解しなければ歩行動作のトレーニングはできないからです。

 

例えば膝折れをする患者様がいたとします。

なぜ膝折れを起こしてしまうのか?と考えた時に

膝を曲げるためには、

膝の後ろ側をモーメントが通らなければ膝は曲がりません。

ではどのように治療をすべきなのか?

というところが今回の焦点になるのです。

 

先日新しいセミナーが開催決定しました。

本日お話をした膝折れや反張膝を評価するために必要な

姿勢戦略を理解するためのオンラインセミナーを開催します。

 

もしあなたが床反力やモーメントが苦手だと感じていたり

これらの症状を持っている患者様を担当しているのであれば、

ぜひご参加をご検討ください。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

膝折れ、反張膝の改善のために|姿勢戦略の評価、治療#1151 – エポックセミナー

 

 

【そのほかのセミナーラインナップ】

理学・作業療法士 セラピスト向けリハビリテーションセミナー

 

"ヨガもエポッククオリティ"エポックでヨガレッスンが受けられるようになりました

f:id:EPoch:20210918093710p:plain

 

エポックでは、自費訪問リハビリサービス・訪問看護ステーション・エポックボディープラスを行っています。

 自費訪問リハビリサービス | 自費訪問リハビリなら EPoch-エポック-

兵庫県伊丹市の訪問看護はエポック訪問看護ステーション - エポック訪問看護ステーション

阪急稲野駅JR猪名寺駅からスグ!カラダのことならEPoch Body+エポックボディープラス 

 

#リハビリ #理学療法士 #作業療法士 #言語聴覚士 #エポック #リハビリテーション #エポックオンラインスクール #オンラインセミナー #セミナー #硝酸塩 #筋力 #パフォーマンスアップ #リハ栄養