EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、訪問看護ステーション、IT事業、Body +、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

脳卒中片麻痺のバランス能力を正しく評価・治療方法とは?

f:id:EPoch:20210921085615p:plain

f:id:EPoch:20210921085317p:plain

健常者でも左右は対象でないことは当たり前です。

 

しかしながら

脳卒中片麻痺患者様の身体認識は左右がずれており

イメージとは異なるといったことは

しばしば目にすることがあると思います。

 

特に立位姿勢、歩行における

姿勢維持やコントロールについての治療

脳卒中片麻痺患者様を担当していると、

様々な場面で問題が出現し、

どう治療したらいいか迷ってしまうということはありませんか?

 

  • なぜ麻痺側に重心が乗らないのかわからない
  • 左右対称の運動を促すことができない
  • 感覚入力のメカニズムがわからない

 

このような脳卒中片麻痺患者様の治療で悩んでいるあなたに

おすすめのセミナーを今日はご紹介しましょう。

 

脳卒中片麻痺の歩行動作の評価と治療– エポックセミナー

 

基本動作や姿勢の観察からまず始めよう

脳卒中片麻痺患者様も、

運動器疾患もまずは基本動作や姿勢観察が重要です。

 

  • 左右対称なのか、
  • どのような機能が残存しているのか
  • 重心はどこにあるのか

 

その他にも様々な要素について理解しておかなければ

今の現状を理解することはできません。

 

特に抗重力位における体の働きは

人それぞれ代償手段が異なります。

 

どのような代償手段を取っているのか、

重力に対してどのようなメカニズムで

抗重力姿勢を保っているのか、

その時の患者様自身の動きと基本動作の

正しい筋収縮の差異をきちんととらえることが、

問題点を捕えることに役立ちます。

 

 

重心移動に対するバランス戦略を理解できる

脳卒中片麻痺患者様の抗重力姿勢において、

どのように感覚入力を促せばいいかわからない

ということはないですか?

私自身も患者様の立位姿勢や歩行動作において

左右への重心移動の促し方に悩んだことはありました。

 

しかし、患者様がどのようなバランス戦略を利用しながら

立位姿勢を取っているかを理解し、

施術者側がどのような戦略を取らせたいか

をきちんと理解すれば

自ずと治療方法は理解できるようになります。

 

ここにさらに基本動作の観察における、

問題点の抽出方法を重ね合わせれば

どのように治療を進めていくべきか

がわかるようになります。

 

今回オススメのセミナーでは、

ヒトのバランス能力について本来働くべき機能と

そのメカニズムを徹底的にお話しいただきます。

 

その上で

  • どのような機能があるのか
  • なぜ赤ちゃんがうまく直立姿勢を保てるのか
  • その時のメカニズムとは?

 

などを基本的なところからお話しいただきます。

 

もしあなたが姿勢戦略や

バランス能力の獲得についての

評価・治療方法に悩んでいるのであれば、

おすすめのセミナーですので、

ぜひご参加をお待ちしております。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

脳卒中片麻痺の歩行動作の評価と治療#1139 – エポックセミナー



エポック リハビリセミナー ラインナップ

理学療法士・作業療法士講習会 | リハビリセミナーのエポック

 

エポックでヨガ レッスンが受けられるようになりました

f:id:EPoch:20210921083223p:plain

ご自宅にいてもヨガが受けられる!

 

エポックでは、自費訪問リハビリサービス・訪問看護ステーション・エポックボディープラスを行っています。

 自費訪問リハビリサービス | 自費訪問リハビリなら EPoch-エポック-

兵庫県伊丹市の訪問看護はエポック訪問看護ステーション - エポック訪問看護ステーション

阪急稲野駅JR猪名寺駅からスグ!カラダのことならEPoch Body+エポックボディープラス