EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、訪問看護ステーション、IT事業、Body +、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

水を飲むだけで痛みがなくなる?筋膜と水分摂取の関係

f:id:EPoch:20211020112845j:plain


水分を摂取するだけで体が柔らかくなったり、痛みが取れたりするといったら信じますか?

 

でも、これは本当なんです。

 

なぜなら筋膜には大量の水分が含まれていて、その水分量は60%。

筋肉に至っては70%にも及ぶと言われています。

そして、水分不足は筋膜が固くなる原因の一つだからです。

 

食べ物だってそうでしょう?

お肉を焼くときに焼きすぎると水分がなくなってパサパサになりますよね?

そんなお肉って伸びたり縮んだりしますか?

 

少し伸ばしただけですぐにブチッと切れてしまいますよね?

 

あれがみなさんの体にも起こっているんです。

 

1日の摂取量は2〜3リットル

一般的には1日に2〜3リットルの水分を摂取することが推奨されています。

 

もちろん、普通の食事で食べ物に含まれている水分も合わせての摂取量なので、必ずしも飲み物だけで2リットル以上飲まなきゃいけないというわけではありませんが

 

それでも、毎日しっかりと水分を摂取できているという方は少ないのではないかと思います。

 

特に高齢者は口渇中枢の働きが弱っていて喉の渇きが感じにくくなっていますし、

頻尿や尿もれを気にしてさらに水分を摂っていないというからも多いでしょう。

 

夏であれば汗を大量にかくので多少は気にせいて飲む方もいるとは思いますが、

これから寒くなってきて汗をかきにくくなってくると、

水分摂取への意識が低くなるので要注意です。

 

 

何もしなくてもペットボトル2本分の水分が失われる

「不汗蒸散」といって普通に汗をかくわけではなくても皮膚表面や気道粘膜から蒸発していく水分のことです。

要は何もしていなくても自然となくなっていく水分のことですね。

 

これは1日に900mlと言われています、

 

ペットボトル2本分が何もしてなくても出ていくんですよ?

 

患者様の話を聞いていると1日にペットボトル1本分も飲まないという方は

珍しくないですし、高齢者になるとかなり多くいます。

 

それでは水分不足で筋肉はパサパサ。

 

痛みが出るのは当たり前です。

 

施術後には1杯の水分を

 

筋・筋膜系のアプローチをしていて筋・筋膜をほぐした後は、しっかりと水分を摂取してもらいましょう。

ほぐした身体はギュッと絞ったスポンジのような状態になっているため、水分が吸収されやすい体になっています。

 

施術後に水分を飲むことでパサパサ筋肉がしっとり筋肉になって、身体は柔らかくなり痛みも出にくくなりますよ。

 

もちろん、その後も日常でしっかりと水分を摂ることを忘れないように。

 

コツはこまめな水分摂取。

 

1度に吸収できる水分は30分間で200mlと言われています。

(運動していて汗を大量に書いている状態は別ですが)

 

なので、一度にがぶ飲みしても効果は弱くなりますし、吸収しきれなかった水分は尿として排出されてしまうので余計に脱水になる可能性もあります。

 

 

水分摂取は筋膜の問題以外にも様々なリスクがあるので、しっかりと水分摂取してくださいね。