EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、訪問看護ステーション、IT事業、Body +、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

レントゲンやMRIでこんなことまで丸わかり。運動器画像の読み方とは

f:id:EPoch:20211027191255j:plain

あなたはレントゲン画像やMRIをしっかりと評価することができますか?

 

医師の説明になんとなく頷いているだけではありませんか?

 

あなたがそうであるならば、まだまだ十分な情報を引き出せているとは言えません。

 

医師はあなたに画像の全てを話していないかもしれません

まず、セラピストも医師も非常に忙しく、十分な情報共有をする時間がありません。

あなたも医師にお伺いを立てたり、探し回ったりしてようやく少し話ができる程度だったりしませんか?

 

そんな時にあなたがレントゲンやMRIを自分一人でしっかりと評価できれば、

万が一に医師からの情報を聞く機会が取れなかったとしても問題ないかもしれませんし

 

あなたが予め自分一人でしっかりと評価できていれば

医師と話をするときに、よりレベルの高い情報共有が可能になるかもしれません。

 

そこで今回、あなたがレントゲンやMRIを評価して、これまでよりもさらに高い質のリハビリを提供する方法をご用意しました。

 

それがこちらです。

セラピストのための運動器画像の診かた|下肢の読影とリハへの応用

 

 

講師自身の実体験。画像の読影でリハビリが変わった。

本セミナーの講師の先生は理学療法士でありながら

画像読影の書籍を手掛けられている瀧田勇二先生です。

 

実は瀧田先生も整形外科病院で痛みの改善について、みなさんと同じように様々な勉強をされてきましたが

 

ある時、画像読影がとても重要であることに気付き、画像読影について勉強を重ねた結果

 

「どこに病巣があるのか」だけではなく、「どういう状態なのか?」

 

そして、

「どのように動かせば良いのか。」

「どのように動かしてはいけないのか。」

をしっかりと理解できるようになり

 

リハビリの成果が目に見えて上がったという経験をお持ちです。

 

レントゲンに写らないものまで見えるようになる

本セミナーでは以下のことを学ぶことができます。

  • 骨盤骨折受傷後の仙腸関節障害を読むことができます。
  • 人工股関節前置換術の脱臼リスクを読むことができます。
  • 人工膝関節全置換術後の屈曲角度獲得の可能性を読むことができます。
  • 膝前十字靭帯損傷に合併する骨挫傷を読むことができます。
  • 足関節障害におけるレントゲンに写らない軟部組織の損傷を読むことができます。
  • 足部アーチにおける後脛骨筋腱変性と底側踵舟靭帯の弛緩を読むことができます。
  • その他にも膝蓋腱炎、コンパートメント症候群、アキレス腱周囲炎を読むことができます。

 

患者様に会う前から評価ができる

いかがですか?

 

「え?そんなことまでレントゲンでわかるの?」ってことまでありませんか?

こんなことまで読めるようになったら、患者様と実際に最初に会うまでの間にかなりの青写真ができてくると思いませんか?

 

こういった画像所見を読むセミナーはそれほど多くはありません。

あなたのリハビリのレベルが格段にアップするであろう貴重な機会を逃す手はありません。

 

今すぐお申し込みください。

セラピストのための運動器画像の診かた|下肢の読影とリハへの応用#1021seminar.ep-och.com

 

 

理学療法士・作業療法士が臨床のヒントを探すならエポックセミナー

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士をはじめとする コメディカル、セラピストのための臨床に活きるセミナーがここにあります。 seminar.ep-och.com