EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、訪問看護ステーション、IT事業、Body +、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

急性期でのリハビリが怖い理由は〇〇だからです

f:id:EPoch:20211127103607p:plain


ICUやHCUなどの急性期病院でのリハビリでは

様々なルートや機器が設置しており

どのようにリハビリを進めればいいかわからない、

という悩みはありませんか?

 

私も整形外科の急性期病院で働いていたときに

どこのように離床を促せばいいのか、

どのようにリハビリを進めればいいのか

混乱したり悩んだりした経験をしました。

 

  • 急性期は状態が不安定だからどのように離床を進めればいいかわからない
  • ICUやCCUにリハビリに行くのが不安で仕方がない
  • 機器の種類や理由がわからない
  • ルートが多すぎて何に注意すればいいかわからない

これらは私自身が若手セラピスト時代に実際に感じた悩みです。
あなたもこのような悩みはありませんか?

 

ですが、これを克服することができた理由もあるのです。

 

もしこのように感じているのであれば、

今日は少しでも手助けになる内容をお伝えしたいと思います。

 

急性期のリハビリはまず状態把握から始めよ

急性期での目的は全身状態をいかに管理しながら、リハビリを行うかが重要です。

急性期では全身状態が不安定なので、

それを安定させるための点滴や、

その状態を管理するための危機が装着されています。

 

つまり、今の状態がどのようになっているのか、をきちんと理解する必要があります。

 

急性期でのリハビリがなぜ怖いのか?

それは患者様を動かしたらどうなるかがわからないから怖いんですよね?

 

特に呼吸や循環機能が不安定な患者様であれば、

側臥位に変更するだけでも心電図の音が鳴ったり

人工呼吸器の音が鳴ったりしますから、

その原因がわからずに何をすればいいかわからない、

 

そのような状態になるのではないですか?

 

だからこそ、生理学を勉強する必要があるのです。

 

急性期のリハビリは機器が患者様の状態を教えてくれます

さて、ICUでのリハビリは機器の目的や薬剤の理由が理解できれば

安全にリハビリを進めることができるって知っていましたか?

 

なぜなら、「機器が安全な状態を数値化してくれている」から、

リアルタイムで状態を把握することができるからです。

 

例えば運動療法で歩行練習をしている患者様がいたとしましょう。

歩行練習中に急激に胸が痛い、頭が痛いという状態を目にしたことはありませんか?

 

目に見えないからこそリスクを見逃すということが一番怖いですよね。

しかし急性期ではそれが数値化してくれていますので、

目に見えて評価することができるのです。

 

だからこそ、その数値をきちんと理解しておけば、

安全にリハビリを進めることができるのです。

 

例えば心電図モニターであれば、患者様の脈拍の規則性を教えてくれますし

人工呼吸器のアラート音であれば、呼吸の不規則性を認めれば教えてくれます。

 

我々が知りたい情報を客観的に教えてくれるので、理解できれば心強いはずです。

 

エポックでは、急性期についての勉強会を開催します。

講師は近江八幡市立総合医療センターの奥村高弘先生にお越しいただきます。

もし興味がありましたらご検討くださいませ。

 

急性期で働くPT・OTのためのベッドサイドの知識と技術|一括申込 – エポックセミナー

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

理学療法士・作業療法士が臨床のヒントを探すならエポックセミナー

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士をはじめとする コメディカル、セラピストのための臨床に活きるセミナーがここにあります。 seminar.ep-och.com