EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、訪問看護ステーション、IT事業、Body +、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

リハビリで覚えておきたい横断歩行を渡りきるために必要な速度は?

f:id:EPoch:20220309134428j:plain


先日患者様と「外を一人で歩けるようになりたいけど何を基準にすればいいかな」

というやり取りをしました。

 

このようなお話は病院においても、訪問分野においてもよくある話だと思います。

 

その時にあなたはどのような評価項目をもって

患者様に屋外歩行自立のお話をしますか?

 

・屋外歩行自立の基準がわからない

・実際どういう評価が必要かわからない

・歩行速度ってどれくらい必要なのかわからない

 

もしこのように考えているあなたには、今日はぜひ覚えておいてほしいことを書きますので、ぜひ読み進めてください。

 

理学療法士必見|横断歩道を渡り切れる速度とは?

さて、突然ですが、あなたは横断歩行の長さって調べたことはありますか?

横断歩行は白黒それぞれ45cmと決まっています。

つまり白黒合わせて90㎝になります。

 

と考えると、白の数を数えると、おおよその横断歩行の距離が測定できますよね。

 

そして、横断歩行が青の時間については基本的に1m/secで渡り切れる時間と決まっています。

これは正常人の歩行速度が1m/secと言われているからです。

 

しかし、近年のユニバーサルデザインの関係上、

少し長めに時間を取っている信号機もあれば、

身障者用のボタンを設置している横断歩道もあります。

 

つまり、患者様が横断歩道をきちんと渡りきるためには

1m/secの歩行速度が必要になると覚えましょう。

 

では、この評価をするための我々の尺度としては何があるのでしょうか?

それは、10m歩行試験という基準がありますよね。

これのカットオフ基準をあなたは覚えていますか?

 

昭和大学の村永らによれば、10m歩行:11,6sec、6分間歩行:213m、TUG:13.5secという基準を出しています。

こちらは10m歩行試験のカットオフというキーワードで検索すると数々の文献が出てきますので、ぜひチェックしてみてください。

(歩行自立に必要な歩行能力とバランス能力の関係より引用)

歩行自立に必要な歩行能力とバランス能力の関係

 

ここで伝えたいのは、回復期で自立していたからと言って、屋外歩行は自立するわけではないということです。

 

なぜなら前述したように、横断歩道を渡るためには1m/secで歩かなければいけないのです。

10m歩行:11,6secは0.9/secなのです。

これではギリギリだと思いませんか?

 

さて、ここまで患者様の歩行においての速度的な話をしてみましたが

歩行速度を上げるためにはどうすればいいのでしょうか?

 

歩行動作の治療に必要なキネシオロジーを考えると、歩行速度を上げる方法を考えることができますよ?

 

https://seminar.ep-och.com/products/seminar1425

 

講師は大阪人間科学大学の弓岡先生にご講演をいただきます。

もし興味がございましたら、ぜひチェックしてみてくださいね。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。