EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、訪問看護ステーション、IT事業、Body +、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

回復期リハビリ病棟に特化した脳画像のみかたが学べます!!

いつもご覧いただきありがとうございます。

 

皆さんは脳画像をどのように活用していますか?

急性期と回復期では脳画像のみかた、活用の仕方を変えていますか?

生活期ではなかなかCTやMRIを撮影することはありませんが、病院に入院中は脳画像の読影により、セラピストが得意とする機能面や活動面への応用が期待されます。

 

脳画像の読影に関するセミナーは多く開催されるようになりました。

今回のセミナーの中では回復期リハビリ病棟に特化した脳画像の活用方法をたくさん紹介します。

なぜ血圧変動が激しいのか?脳画像から症状を推測できますか?

 

  • 血圧変動があり安定しない脳卒中の患者様
  • 急性期化している回復期リハビリ病棟での離床に難渋

 

こうしたことで悩むことはありませんか?

 

  • しばらく安静?
  • 徐々にヘッドアップ?
  • ベッド上での関節可動域運動まで?

 

そんな時、脳画像の読影と脳科学の知識を活かすことで、

回復期リハビリ病棟に特化した新たな介入方法の工夫が思い浮かぶかもしれません。

例えば血圧変動を交感神経・副交感神経の視点から捉えた場合、自律神経の高位中枢である視床下部の損傷を脳画像で確認します。

 

f:id:EPoch:20191231102007p:plain

 

視床(特に前方・腹側)出血の場合、視床下部の損傷も疑われます。

 

視床下部に損傷があれば、視床下部に影響を与えるメラトニン・セロトニンに注目!!

日光を浴びることでメラトニンとセロトニンの分泌バランスが良くなるため、個別リハビリの時や病棟看護師が検温の時にカーテンを開けたり、病棟看護師と話し合い窓際のベッドに配置転換してもらったり

このように脳内ホルモンのことも考えたアプローチ方法を行うだけで

症状が良い方向へ回復することも予測できるのです。

 

f:id:EPoch:20191231102016p:plain

 

病棟ADLの向上に特化した回復期リハビリ病棟だからこそ、脳画像から環境面への工夫を考え、チームで介入するための働きかけをセラピストが主導で行う必要があります。

知識とアイディアがあればこんな工夫がたくさんできます。

 

本セミナーにおいては他にも、脳幹部の損傷による意識障害の患者様や

昼夜逆転している認知症患者様、意欲の向上がなかなか得られない患者様などへの工夫も紹介します。

 

本セミナーはこんなセラピストにオススメ!!

 

  • 回復期リハビリ病棟のスペシャリストになりたい!!
  • 回復期リハビリ病棟でPT・OT・STの専門性を活かしきれていない気がする・・・
  • 回復期リハビリ病棟ならではの機能面への介入視点を手に入れたい!!
  • 取得単位のノルマばかり気にする日々が続いてしまっている・・・
  • 『リハビリテーションの本質』についてこれまでにないような視点から考えてみたい!!

もしこのようなことで悩んでいるのであれば

ぜひこちらのセミナーをチェックしてみてください。

 

理学療法士・作業療法士向け脳画像から診る障害の評価とリハビリ | 大脳基底核の症例編 – エポックセミナー

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

理学療法士・作業療法士が臨床のヒントを探すならエポックセミナー

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士をはじめとする コメディカル、セラピストのための臨床に活きるセミナーがここにあります。 seminar.ep-och.com

関西の自費訪問リハビリならエポック

兵庫県・大阪府中心に自費訪問リハビリサービスをご提供しています。 2011年より、ひたむきに自費訪問リハビリサービスと向き合ってきた 私たちだからこそ、できることがあると思っています。 reha.ep-och.com

伊丹市・尼崎市の訪問看護ステーションならエポック

自費訪問リハビリで培ったノウハウを活かして、 訪問看護ステーションでも機能回復を目指した 看護・リハビリをご提供しています。 nurse.ep-och.com


阪急稲野駅JR猪名寺駅からスグ!カラダのことならエポックボディープラス

訪問だけじゃありません。 通えるリハビリもあります。 リラックスしたい方、カラダの相談したい方はエポックボディープラスへ! body-plus.ep-och.com