EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、訪問看護ステーション、IT事業、Body +、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

誤嚥性肺炎を防ぐ PT・OTも評価すべき嚥下機能の検査

日本人の死因として上位には

30代あたりから

  • 悪性新生物(がん)
  • 心疾患
  • 肺炎

が上位に並ぶようになってきます。

 

その中でも65歳からは

肺炎が一気に増え始めます。

 

高齢になると増える理由として

加齢に伴って

嚥下機能が低下し

誤嚥してしまうこと

が挙げられます。

 

理学療法士・作業療法士をはじめとして医療に関わる方であれば

多くの患者様が

嚥下機能が低下し

食事などでむせてしまう

ということを経験しているでしょう。

 

そこで今回は嚥下機能の簡易的な検査についてお話しします。

 

PT・OTでもすぐ出来る 嚥下機能の4つのスクリーニング検査

 

①反復嚥下テスト

30秒間でできるだけ多く唾液を飲み込んでもらいます。

この時に検者は指を喉頭隆起と舌骨に当てて

喉頭隆起が指を超えて挙上した回数を数えます。

高齢者であれば3回できれば正常となります。

口渇があるとやりにくいことがあるので

テスト前に少し水分を摂取してもらうと良いでしょう。

 

②水飲みテスト

3〜5mlほどの少量の冷水を飲んでもらいます。

3回ほど実施してもらい

むせたりしないかどうかを確認します。

 

③頸部聴診

上記の水飲みテストの際に聴診器を使って頸部の音を聴いて

嚥下音や呼吸音に変化がないか確認します。

 

④食べ物テスト

水飲みテストの代わりにセリーやプリンなど

患者様の食べやすい食べ物を食べてもらい

むせたりしないかどうかを確認します。

 

 

この4つが比較的簡便に行える嚥下機能評価となります。

 

嚥下機能を評価したら 栄養状態の把握もしよう

 

嚥下機能が低下していれば食事量も減ってきます。

食事量が減れば栄養状態にも影響を与え

全身状態にも変化が現れてきます。

そのため、嚥下機能と栄養状態がどれだけ関係するかを

考えなくてはいけません。

 

①身体測定

上腕三頭筋部皮下脂肪厚(TSF)、上腕周囲長(AC)を上腕の中点で計測します。

その結果から

AC-0.314TSF

という計算式で

上腕筋周囲長(AMC)

を求めます。

上腕筋周囲長は全身の骨格筋量の指標になるため

この値が小さければ栄養状態の悪化が考えられます。

基準値は

男性65〜69歳で23.44cm

そこから80歳以上では20.93cm。

女性65〜69歳で20.14cm

80歳以上で19.21cm

となります。

 

この基準値の

90%以上が正常

80%〜90%で軽度

60%〜80%で中等度

60%以下で高度の栄養障害があるとされています。

 

 

②血液検査

栄養状態といえば血液検査ですね。

各項目の正常値などを書いているとキリがないので

特に見るべき項目は

総タンパク(TP)

アルブミン(Alb)

です。

総タンパクは6.6〜8.1g/dl

アルブミンは4.1〜5.1

となっています。

 

 

いかがでしたか?

 

最後は肺炎ではなく栄養の話になりましたが

嚥下機能を評価した際には

栄養状態も考えておくべき要素ですので

ぜひチェックしてみてください。

関西の自費訪問リハビリならエポック

兵庫県・大阪府中心に自費訪問リハビリサービスをご提供しています。 2011年より、ひたむきに自費訪問リハビリサービスと向き合ってきた 私たちだからこそ、できることがあると思っています。 reha.ep-och.com

伊丹市・尼崎市の訪問看護ステーションならエポック

自費訪問リハビリで培ったノウハウを活かして、 訪問看護ステーションでも機能回復を目指した 看護・リハビリをご提供しています。 nurse.ep-och.com


阪急稲野駅JR猪名寺駅からスグ!カラダのことならエポックボディープラス

訪問だけじゃありません。 通えるリハビリもあります。 リラックスしたい方、カラダの相談したい方はエポックボディープラスへ! body-plus.ep-och.com


理学療法士・作業療法士が臨床のヒントを探すならエポックセミナー

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士をはじめとする コメディカル、セラピストのための臨床に活きるセミナーがここにあります。 seminar.ep-och.com