EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、訪問看護ステーション、IT事業、Body +、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

股関節疾患のリハビリテーション 患側への荷重が難しい理由とは


みなさんは股関節の評価やアプローチに自信はありますか?

 

脳血管障害や整形外科疾患でも歩行や立ち上がりなどでは

麻痺側や患側への荷重の不足によって

立ち上がりができない

歩行が不安定になる

という現象が起こります。

 

具体的にも歩行自立の指標として

片脚立位の保持時間があります。

 

10秒以上保持できれば約70%の方が歩行自立となり

15秒以上であれば100%で歩行自立という研究報告もあります。

 

その片脚立位はまさに患側への荷重ができているかどうかの評価となるわけで

歩行自立のカットオフ値を達成できていない人に対しては

なぜ荷重ができないのかを考えることが非常に重要になってきます。

 

単純に「股関節の筋力が不足している」から?

もちろん、それもあるかもしれませんが、それ以外にも様々な要因があります。

 

その様々な要因について

しっかりとアプローチができていますか?

それ以前に評価ができていますか?

 

「いや、できてる自信がないな。」

と感じているセラピストのあなた。

 

そんなあなたにおススメのセミナーがあります。

 

変形性股関節症 大腿骨転子部骨折の症例を基に荷重困難について学ぶ

 

それが猪田先生に講師を務めて頂く

理学療法士が学ぶべき股関節疾患・外傷の術後荷重困難に対する評価と運動療法 – エポックセミナー

 

本セミナーではタイトルにあるように股関節疾患、特に術後の患者様が直面する患側への荷重困難に対して、

今回は

 

変形性股関節症

大腿骨転子部骨折

 

の症例を基に

評価法からしっかりと学ぶことができます。

 

「患側への荷重ができてないな。」

ということはわかっていても、それがどうしてなのか?

単純に「術後だから」で終わらせてしまっていては、適切な理学療法を提供することはできません。

 

少しでも股関節疾患のリハビリで悩みをお持ちでしたら、ぜひこのセミナーにご参加ください。

理学療法士・作業療法士が臨床のヒントを探すならエポックセミナー

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士をはじめとする コメディカル、セラピストのための臨床に活きるセミナーがここにあります。 seminar.ep-och.com

関西の自費訪問リハビリならエポック

兵庫県・大阪府中心に自費訪問リハビリサービスをご提供しています。 2011年より、ひたむきに自費訪問リハビリサービスと向き合ってきた 私たちだからこそ、できることがあると思っています。 reha.ep-och.com

伊丹市・尼崎市の訪問看護ステーションならエポック

自費訪問リハビリで培ったノウハウを活かして、 訪問看護ステーションでも機能回復を目指した 看護・リハビリをご提供しています。 nurse.ep-och.com


阪急稲野駅JR猪名寺駅からスグ!カラダのことならエポックボディープラス

訪問だけじゃありません。 通えるリハビリもあります。 リラックスしたい方、カラダの相談したい方はエポックボディープラスへ! body-plus.ep-och.com