EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、訪問看護ステーション、IT事業、Body +、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

意外?胃が痛いと腰も痛い。胃痛と腰痛の関係とは


胃が痛いと腰も一緒に痛くなる

 

そんな時ありませんか?

 

 

実は胃痛と腰痛は非常に深い関係があるんです。

 

そこには「関連痛」というキーワードがあります。

 

 

内臓の関連痛とは

 

関連痛とは、痛みの原因のある部分とは全く違うところに起こる痛みのことです。

 

内臓に問題があるとその情報は脊髄で他の臓器、筋肉、皮膚にも情報を伝えてしまい

 

他の部位に痛みを生じさせることがあります。

 

胃ではそれが腰痛になるわけです。

 

また後腹膜への刺激もあります。


後腹膜には十二指腸、膵臓、腎臓・副腎、尿管、直腸、腹大動脈、下大動脈が関係していて

 

これらの臓器に問題があると後腹膜を刺激して

 

腰痛や背中に痛みが生じさせることがあります。

 

 

関連痛といえばトリガーポイント

 

さて、関連痛といえばトリガーポイントですね。

 

トリガーポイントと呼ばれる筋肉のコリが他の部位にも痛みを生じさせることで有名ですが

 

胃痛と関係する筋肉のトリガーポイントとして

 

腹直筋があります。

 

胃腸に問題があって、胃痛があると防御性収縮によって

 

腹直筋が持続的な収縮をします。

 

その収縮によってトリガーポイントができます。

 

腹直筋の関連痛領域は

 

腹部なので胃痛に似た腹痛を持続させるだけでなく

 

腰にもあるため

 

腰痛も一緒に引き起こすことも少なくありません。

 

 

また、腹直筋はアナトイートレインと呼ばれる筋膜の連鎖の中で

 

浅前線に含まれる筋肉になります。

 

この浅前線は

 

東洋医学で使われる経絡では

 

胃経

 

と同じものとされているため

 

やはり胃と何らかの関わりがあります。

 

そして、この浅前線(胃経)に問題があると

 

前が伸びにくくなるため

 

腰を反った時に腰の痛みを引き起こしやすくなります。

 

胃痛の原因だけでなく、腹直筋のケアもしてみよう

 

いかがでしたか?

 

以上が胃痛と腰痛の関係でした。

 

胃痛を引き起こす原因は様々ですが

 

胃痛の原因の一つとしてストレスがありますので

 

ストレスの原因になるようなことがないか考えていてください。

 

また腹直筋は座りすぎなどで短縮する筋肉となりますので

 

デスクワークが中心になってしまっている方は

 

しっかりとストレッチやマッサージで

 

腹直筋をほぐしてみましょう。

 

関西の自費訪問リハビリならエポック

兵庫県・大阪府中心に自費訪問リハビリサービスをご提供しています。 2011年より、ひたむきに自費訪問リハビリサービスと向き合ってきた 私たちだからこそ、できることがあると思っています。 reha.ep-och.com

伊丹市・尼崎市の訪問看護ステーションならエポック

自費訪問リハビリで培ったノウハウを活かして、 訪問看護ステーションでも機能回復を目指した 看護・リハビリをご提供しています。 nurse.ep-och.com


阪急稲野駅JR猪名寺駅からスグ!カラダのことならエポックボディープラス

訪問だけじゃありません。 通えるリハビリもあります。 リラックスしたい方、カラダの相談したい方はエポックボディープラスへ! body-plus.ep-och.com


理学療法士・作業療法士が臨床のヒントを探すならエポックセミナー

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士をはじめとする コメディカル、セラピストのための臨床に活きるセミナーがここにあります。 seminar.ep-och.com