EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、訪問看護ステーション、IT事業、Body +、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

変形性膝関節症のリハビリで覚えておきたいトリガーポイントとは?

  • アキレス腱が痛い
  • 踵や足の裏が痛い
  • 外反母趾で母趾が痛い
  • スネが痛い

そんな痛みを訴えのある患者様を担当していたりしませんか?

 

このような症状があると

 

  • アキレス腱炎
  • 足底腱膜炎
  • 外反母趾
  • 痛風
  • シンスプリント

 

といった診断名がつくと思います。

 

 

多くが炎症による痛みとされるわけですが

触診をしていると

 

熱感や腫脹といった炎症所見がみられない

抗炎症薬を使っても痛みが治らない

 

なんてことは珍しくありません。

 

 

そんな時は何を評価すべきか?

今日はこうした内容について考えてみたいと思います。

 

痛みの原因はトリガーポイントによる関連痛だった

下腿から下肢にかけて理学療法士が良く担当する痛みの原因は

トリガーポイントであることも少なくありません。

 

トリガーポイントとは筋肉のコリを

リリースしていく治療法なのですが

このトリガーポイントの代表的な症状に

  • 関連痛
  • 運動機能障害
  • 神経の圧迫

があります。

 

 

関連痛はトリガーポイントがある部位以外にも

広範囲に痛みを引き起こしますので

痛む場所とは違うところに原因となるトリガーポイントが形成されていることも

多いです。

 

またトリガーポイントがあると収縮不全(筋力低下)を起こしますので

膝関節疾患で問題になる大腿四頭筋の筋力低下も

トリガーポイントが原因であることが多いのです。

 

これらの症状を解決するためには

トリガーポイントを学ばなくてはいけません

 

足部・下腿部の痛みに対するトリガーポイントセミナー開催

 

そんな足部や下腿部の痛みに対するトリガーポイント療法について

エポックセミナーではオンラインセミナーを開催します。

 

痛み治療に効果的なトリガーポイント技術|大腿部・膝関節・足関節の疼痛に対して – エポックセミナー

 

 

 

本セミナーでは以下のことが学べます。

  • トリガーポイントの背景と原理の理解
  • 筋に関する考察の統合整理
  • トリガーポイントを永続させている要因
  • 治療の実際

 

 

トリガーポイント療法ですが

他の徒手療法のような難しいことはしません。

 

トリガーポイント療法で推奨されている治療法は

 

「虚血性圧迫」

つまり「指圧」になります。

なので、誰にでもできます。

もちろん、多少の上手い下手はあると思いますが

その辺りはセミナーで

好発部位をしっかりとお伝えしていきますので

まったく初めてという方でも心配入りません。

 

ぜひチェックしてみてくださいね。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

理学療法士・作業療法士が臨床のヒントを探すならエポックセミナー

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士をはじめとする コメディカル、セラピストのための臨床に活きるセミナーがここにあります。

 

友達登録のクリックはこちらからおねがいします👇

lin.ee

 seminar.ep-och.com

関西の自費訪問リハビリならエポック

兵庫県・大阪府中心に自費訪問リハビリサービスをご提供しています。 2011年より、ひたむきに自費訪問リハビリサービスと向き合ってきた 私たちだからこそ、できることがあると思っています。 reha.ep-och.com

伊丹市・尼崎市の訪問看護ステーションならエポック

自費訪問リハビリで培ったノウハウを活かして、 訪問看護ステーションでも機能回復を目指した 看護・リハビリをご提供しています。 nurse.ep-och.com

 

阪急稲野駅JR猪名寺駅からスグ!カラダのことならエポックボディープラス

訪問だけじゃありません。 通えるリハビリもあります。 リラックスしたい方、カラダの相談したい方はエポックボディープラスへ! body-plus.ep-och.com