EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、訪問看護ステーション、IT事業、Body +、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

理学療法士や作業療法士はなぜストレッチ技術を学びなおしておくべきなのか?


ストレッチと一言で言うと、筋を伸長するという印象をお持ちの方もおられると思います。

でもストレッチにも少なくとも5つの種類があることをあなたは知っていますか?

 

学生時代に筋肉の起始・停止を勉強したからできると思わず

まずはストレッチの原則や種類、どのような症状に対して効果的なのか

今一度勉強してみませんか?

 

と、なぜこのようなことを話をするかというと

実は先日後輩とストレッチの効果について話し合う機会があったのです。

 

それを今一度まとめてみたので、その覚書として今日は書いてみたいと思います。

 

目的によってストレッチの種類は異なることを学ぼう

ストレッチというと、筋を伸長し、関節可動域を拡大するという目的で用いられることが多いと思います。

近年の研究結果においては、静的ストレッチの伸長時間の違いが筋出力や柔軟性に及ぼす影響について報告が上がっています。

 

しかしながら、ストレッチの種類としてはいくつもある種類の一つでしかなく、

目的に応じてストレッチの種類は使い分ける必要があります。

 

今日はそれぞれのストレッチの種類についてまとめてみました。

 

動的ストレッチ

 

動的ストレッチには

  • バリスティックストレッチ
  • PNFストレッチ
  • ダイナミックストレッチ

といった種類があり、それぞれアクティブな収縮様式を用いて筋肉を伸長していく方法である。

それぞれ拮抗筋の収縮を促して目的の筋の緊張を抑制する方法や、

目的筋の収縮を利用して行う方法で主に患者様自身に動いてもらいながら行う方法である。

 

 

静的ストレッチ

静的ストレッチは主にセラピスト側が伸長を促す方法であり、臨床でよく利用される方法である。

 

種類としては

 

  • スタティックストレッチ
  • PNFストレッチ
  • IDストレッチ

 

等がある。

 

しかし、序文で示したように、伸長時間によって筋出力の低下を認めるという報告もあり、

パフォーマンスアップを目的としたストレッチを求めるのであれば、動的ストレッチも同様に併用しながらアプローチを行う必要があると私は考えています。

 

このように、目的ごとにストレッチ効果は異なり、どのようなアプローチが必要なのかは

臨床の中で考えていく必要があると私は考えます。

もしこれらの内容について詳しく知りたいという方は、こちらのセミナーをチェックしてみてください。

 

理学療法士・作業療法士向け筋の触察と個別筋ストレッチング技術集中講座|一括申込 – エポックセミナー

講師:芝 由則 先生(ひろし整形外科 リハビリテーション科科長/理学療法士)

 

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

友達登録のクリックはこちらからおねがいします👇

lin.e

理学療法士・作業療法士が臨床のヒントを探すならエポックセミナー

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士をはじめとする コメディカル、セラピストのための臨床に活きるセミナーがここにあります。 seminar.ep-och.com

関西の自費訪問リハビリならエポック

兵庫県・大阪府中心に自費訪問リハビリサービスをご提供しています。 2011年より、ひたむきに自費訪問リハビリサービスと向き合ってきた 私たちだからこそ、できることがあると思っています。 reha.ep-och.com

伊丹市・尼崎市の訪問看護ステーションならエポック

自費訪問リハビリで培ったノウハウを活かして、 訪問看護ステーションでも機能回復を目指した 看護・リハビリをご提供しています。 nurse.ep-och.com

 

阪急稲野駅JR猪名寺駅からスグ!カラダのことならエポックボディープラス

訪問だけじゃありません。 通えるリハビリもあります。 リラックスしたい方、カラダの相談したい方はエポックボディープラスへ! body-plus.ep-och.com