EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、IT事業、整体院事業、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

憎しみを感じるときは自分が弱い

こんばんは、PPD部の清水です。




今日起こったことをお話します。





僕はいつも自転車に乗って通勤、帰宅しています。



その帰宅しているときに事件が起こりました。




何が起こったかといいますと・・・






人にバケツの水をぶっかけられましたショック!汗



(いやぁ~、漫画みたいなことって本当にあるんですねあせる




あまりにもありえない出来事だったので、


思わずその場でうなだれてしまいました。




ぶっかけた人はおじさんでして、



「ごめん」と謝っていたのですが、




さすがに、「なんでこんなことすんねん!」




と言ってやりたくなりました。




しかし、



僕は何も言わなかった!




むしろ笑ってその場を立ち去りました!!




なぜそんな心理になったかといいますと、




帰宅途中にいろいろ悩んでいたからです。



「これからのことをどうするかなぁ」


と悶々とした気持ちになっていました。




そんなときに水をぶっかけられたことで、





悶々としていた悩みはすべて吹き飛んでしまいましたwww




このタイミングでこういうことがあったのは、



悩みを吹き飛ばしてくれるためなんだと


ポジティブに捉えれましたひらめき電球



それに


EPochネタになるとさえ思えてしまいました得意げ





怒ったり憎んだりすることは簡単です。





一番難しいのは『許せる心』ではないでしょうか?



そのおじさんも何か理由があって水を道路に捲いたのでしょう。


そう思うことにしました。





誰かを憎むときは、だいたい自分が弱っているときです。


自分の方が明らかに豊かで強いと感じているときは、


相手にことさら憎しみなんか感じないものだと



気づけました。





許せる心を持ち続け、でっかい人間になることを目指していきますアップ





EPoch Official Blog


帰宅後の濡れネズミ画像ですw

(わかりにくいですね。汗)