EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、訪問看護ステーション、IT事業、Body +、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

セミナー事業部

リハビリテーションセミナー

2分でわかる転倒予防の知識|床上動作の問題が姿勢制御に与える影響とは?

あなたは誰かが転倒する場面を見たことがありますか? 患者様の転倒歴を聞いてみると、「歩いているときにこけたかなぁ」とお話をされていることが多いと思います。 しかしその多くは実は直進歩行のときではないのです。 方向転換のときが多いのはご存じでし…

小児リハから考える成人片麻痺患者のステッピング反応とは?

皆さんはボバース治療の現場を見たことがありますか? ボバース治療というと、静かな部屋で静かにリハビリをやっている という印象を私自身は持っていました。 しかしながらそんなこともなく、 患者様が積極的にリハビリをされている場面を若手の時に見た時…

心不全の医学的評価でよく聞くCTRとは?|覚えておきたいレントゲン情報

PT・OTに必要な訪問分野において必要な基本的視点と評価項目とは?

脳卒中片麻痺の短下肢装具装着下で必要な歩行分析の3つの視点

動脈硬化を予防するために理学療法士・作業療法士ができること

「人は血管とともに老いる」 これは100年以上昔に内科医であったウィリアムスオスラーが残した有名な言葉です。 100年前に比べ、はるかに長生きができる時代になりました。 この名言の通り、高齢化に伴い血管の病気は増加しています。 超高齢社会と言う新し…

前方リーチ動作の獲得は母趾の屈曲筋力が重要になる

前方リーチ動作は 物を取る 掴まる など 日常生活の中でも頻繁に行う動作であるとともに ファンクショナルリーチテストの項目として バランス機能を評価するテストとしても用いられています。 バランス機能といえば 多くの人が重要だと考えるのは 頭頸部や体…

高齢者の転倒予防に重要なステップ反応トレーニング教えます

リスク管理に必要な生理学を学べばフィジカルサインは理解できる

皆さんは臨床の中で運動療法を処方されると 息切れや顔が紅潮する患者様を見たことがあると思います。 これらは運動に伴って体表に現れる症状として フィジカルサインと呼ばれますが、 そのほかにもチアノーゼ症状やばち状指、動悸や息切れなどの 症状がみら…

電気刺激療法で術後の痛みを抑える技術を身に着けてみませんか?

自粛生活で膝の違和感が増加中。今こそ膝のリハビリを学ぼう

アナトミートレイン治療を実際に使ってみた感想をお話します

片麻痺患者様の目と手の協調性の重要性|上肢リーチのリハビリ方法

このブログを読んでくださっているあなたは、どのような環境下で読んでくださっているでしょうか? 通勤中?仕事中?それとも布団の中でしょうか? どちらにしても、スマートフォンやパソコンなど、様々なデバイスを通じてこの記事を読んでくださっていると…

【実は患者数が増加している弁膜症】疾患的特徴とリハビリの注意点

呼吸苦を訴える患者は、呼吸機能以外の問題を考える必要があるのか?

なぜアナトミートレインで筋膜のつながりを考えると治療結果が変わるのか?

セラピストが覚えておくべき2つの運動負荷設定方法とは?

訪問リハビリでは患者様のご自宅にお伺いする際に、 マンションの高層階にお伺いするということがあります。 その時にちょっとした運動を兼ねて階段を使って上り下りをすることもあります。 訪問リハビリではほとんど車やバイクで移動することが多いため こ…

足が痛い!そんな時は靴を変えてみよう

あなたは普段から歩いていて踵や足の甲が痛いなと 感じたことはありませんか? 仮にあなたの体重が50kgとしましょう。 立っているとき、この体重はすべて足に加わっています。 それだけではありません。 足は同じだけの重さで地面から押し返されています。 …

股関節治療の新常識!手術時間の短縮がリハビリを変える!

解剖学の教科書では、確かに全体的な解剖は見ることができますが 癒着や軟部組織の変性については、詳しく書かれた書物は少ないのが現状です。 関節や軟部組織の癒着は、指で剥がしていくって知っていましたか? (もちろん場所にもよりますが) こうした情…

理学療法士・作業療法士必見|肩関節で見るべき評価や治療場所とは?

腕を上げにくいという患者様を担当されたことってありますか? 長く臨床で働いていると、 膝関節の痛みを訴える 肩関節の痛みを訴える 腰の痛みを訴える など、色んな訴えを聞きますよね。 そんな中で、「最近になって肩が上がりにくくなった」という患者様…

リハビリで誤嚥予防に促すべき運動と、姿勢の評価で押さえるポイントとは?

以前、排痰がなかなかできない患者様を対応した という記事を書きました。 その時に私は 「痰を出すにはひっくり返すこと」 という表記をしましたが もう少し効率的に排痰を促す方法があるのを知っていますか? 併せて読みたい 排痰がなかなかできない患者様…

膝の痛みの原因は?|理学療法士が知っておきたい鵞足炎とは?

「先生、膝の内側がなんか痛いです」 そう相談されたことはありませんか? 特段、身体がふくよかなわけでも、 変形性関節症をお持ちのようなアライメントをしているわけでもなく、 歩いていると膝が痛くなる、と言われる。 このような症状は意外と多く、私た…

肩を勉強しても結果が出ない、そんな若者セラピストへ!

勉強会に参加しているのに、実際効果が出ない。 そんな声を受講生様からちらほら聞くことが多いです。 特に肩関節!! 身体の中で自由度が特に高い関節であり、評価が難しい関節でもあります。 一概に肩関節といっても 肩甲胸郭関節なのか 肩鎖関節なのか 肩…

起坐呼吸を呈する患者様のリハビリで注意すべきことと対処法とは?

皆さんはリハビリ現場の中で呼吸器疾患を担当されたことはありますか? 呼吸器疾患というと、 樽状胸郭や頸動脈怒張、呼吸筋の過剰努力など 様々なフィジカルサインを目にする機会は リハビリ中多いと思います。 しかしながら呼吸器疾患以外でも 異常呼吸を…

理学療法士・作業療法士向けの脳画像セミナーがエポックにあります

リハビリで効果的なストレッチ時間は何秒が有効か説明できますか?

訪問リハビリに関わるPT・OTはフィジカルアセスメントの技術を学ぼう

100人を超える大規模セミナー。紀伊先生の正常発達セミナー開始しました

先日6/16(木)より紀伊 克昌 先生による 「PT・OT向け小児リハから学ぶ正常発達分析と臨床応用」というシリーズセミナーが開催されました。 申し込みが100名を超える大規模なセミナーとなりましたが、 大きなトラブルもなく無事に第1回を終えることができて…

片麻痺患者様の手の治療には眼球運動をチェックしておこう

生まれたての子供が空中で手を伸ばして 宙をつかもうとするようなしぐさって 見ているだけでかわいいなと思いますよね。 ヒトはこのように手を自分の視界の中に入れて、 自分の手と物体の距離感を計りながら、 自分の身体の感覚を養っていくと言われています…

人気講師が教える。歩行動作と立位バランスの関係と評価・アプローチ

リハビリを行う上で目標は患者様それぞれだと思いますが、 多くの場合は歩行動作の獲得というものが関わってくると思います。 外出をしたいということもそうでしょうし、外出は難しくても、 お風呂やトイレ、ダイニングなど家の中での歩行能力だけでも なん…