EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、IT事業、整体院事業、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

『痛み』は現場だけではなく〇〇でも起こっている?

『痛み』という症状を理解する際に、組織学的推論(どの組織が痛みを拾っているのか)・力学的推論(どういったメカニカルストレスが原因となっているのか)をベースにすることが多く、その部分をしっかり押さえておけば大丈夫であると考えていました。 目から鱗…

ダイエットに成功!そのメカニズムをご紹介!

あなたは脂肪を燃焼させるにはどのようなメカニズムで起こっているのか 理解していますか? 脂肪燃焼のメカニズムとは? 私たちが無くしたいと思っている脂肪のほとんどは、 過剰となったエネルギーが形を変えて白色脂肪細胞に蓄えられたもので、 脂肪を燃や…

腰痛を防ぐために今必要なことをしよう

医療現場や介護現場で半分は腰痛と言われている現代に セルフメンテナンスは欠かせません。 「医者の不養生」 と並び称される(と言われているかどうかはわかりませんが) 「セラピストの腰痛」 も、深刻な問題であると言わざるを得ません。 そんなとき、佐…

リハビリスタッフのための脳画像の見方が学べます。

私達セラピストは診断することはできませんが、 どの脳の部位に障害が起こっていて、 その部位の支配領域を理解していれば 自ずと症状を理解することができるようになります。 今日はそんなセミナーをご紹介させていただきます。 脳画像はセラピストこそ見る…

政府は在宅医療を推進したい。でも本当は?

厚生労働省は在宅でリハビリをという考え方を根付かせたい そういう考えがあるようです。 戦後すぐに多くの病院が新設され、日本は世界でも有数の医療大国になりました。 しかしながら、病床数に対しての医師不足は、結局改善されないまま今日まで来ています…

日本ボバース研究会の元会長が大阪来阪!ついに来週開催!

この秋に日本ボバース研究会の元会長、 伊藤克浩先生が来阪予定です。 伊藤先生は山梨リハで活躍されておられ、 プロサッカー選手なども担当されておられることでも有名ですね。 今回のセミナーは実技講習を徹底的にしていただくため、 大人数でのセミナーで…

日本で一番有名な治療家による治療セミナー開催です

理学療法士、作業療法士の皆様は セミナーはプロジェクタに投影された知識を補充して 講師が治療デモを行う、ということがセミナーの中心になっていましたが 実際の治療現場を見学できるというセミナーもエポックでは始めました。 まだまだ数は多くありませ…

股関節治療の新常識!手術時間の短縮がリハビリを変える!

解剖学の教科書では、確かに全体的な解剖は見ることができますが 癒着や軟部組織の変性については、詳しく書かれた書物は少ないのが現状です。 関節や軟部組織の癒着は、指で剥がしていくって知っていましたか? (もちろん場所にもよりますが) 本日は、こ…

横隔膜を治療しよう。肩こり治療に新常識?

整体院で患者様の治療を担当させていただくと 決まって訴えは「肩こりが・・・」「腰痛が・・・」という方が 大半を占めています。 大人になり社会人になって、デスクワークや立ち仕事が多い中で 腰や肩に負担がかかるのは当たり前だと思います。 でも、昔は…

健康のためにしている毎日のウォーキングは本当にいいのか?

これまで健康によいと信じてきた歩き方が、実は「健康を害するもの」であったら、あなたはどう思いますか? 米ハーバード大学医学大学院のグループが行った研究で、 平均年齢72歳の高齢女性は、1日の歩数が4400歩程度でも、2700歩程度の人と比べて全死亡リス…

リハビリに必要なカロリーはいくら???

昔から脳を使うことでカロリーが消費されておなかがすくと言われていますが これは本当のことなのでしょうか? 実は脳は人が生きている限り最大のエネルギーを使うのですが、 カロリー消費量が増えるというわけではないそうです。 脳を使うとブドウ糖を消費…

自律神経が乱れると便秘になりやすい、便秘がちなあなたへ

自律神経のバランスが崩れて体が悲鳴を上げているという人はいませんか? 特に女性に多い便秘は自律神経のバランスが崩れ 頻繁に起こることが多い症状の一つ。 この苦しい症状を少しでも和らげる方法をご紹介します。 ◯「の」の字マッサージ 便秘を放ってお…

姿勢の崩れは本当にハムストリングスが原因か?

「最近若いころと比べて身体が動きにくくなってきた」 こう言ったことがある30代は少なからずいるだろう。 かくいう私も、最近体の衰えを感じていました。 昔は感じたことがなかった肩こりや腰の痛み、 ちょっとした距離のランニングでおこる息切れは当たり…

ラグビー観戦で気をつけよう!セラピストが教える脱水の兆候とは?

みなさんラグビーワールドカップは見てますか? 連日熱い試合が繰り広げられてますね。 ぜひ決勝トーナメントに出場してほしいものです。 頑張れニッポン!!! さて、屋外で動いていれば、汗もかくしのどの渇きもすぐわかるのですが 意外と屋内での空調を調…

日本で一番有名なセラピストの治療を見て学びませんか?

理学療法士、作業療法士の皆様は セミナーはプロジェクタに投影された知識を補充して 講師が治療デモを行う、ということがセミナーの中心になっていましたが 実際の治療現場を見学できるというセミナーもエポックでは始めました。 まだまだ数は多くありませ…

口腔内の乾きに要注意!身体の不調は口腔に現れます

朝、起きたときお口の中がパサパサと乾いていることがありませんか? あるいはのどの奥まで乾燥していることも少なくありません。 そんな時は、水を飲む、もしくはうがいをすることで お口の中が自然に潤ってくると思います。 しかし、このパサパサの状態が…

なぜ、息が上がるのか?を生理学的に理解していますか?

これを読んでくださっている皆さんは、 理学療法士や作業療法士、はたまた柔道整復師や鍼灸師や看護師など 国家試験を通過してこられている方々なので 運動療法という分野においてスペシャリストだと思います。 ということは運動生理学についても理解を深め…

誤嚥は理学療法士が予防する時代に突入しました

急性期術後の患者様やICUの病棟において、 絶対安静を強いられる患者様はどのような状況にさらされているか あなたは理解していますか? 絶対安静は 肺胞気酸素分圧の低下 肺内シャントの増加 動脈血酸素分圧の低下 機能的残気量の低下 下側肺障害 これらの…

脳画像は若手セラピストのうちに学んでおくべき知識です

高次脳機能障害を呈している患者様の治療において あなたは脳画像を活用できていますか? 画像から症状を予測して、その症状を精査、評価して どのように治療に生かしていくかを考える方法を 基礎から教えていただけるセミナーが今度関東で開催されます。 se…

文京学院大学の望月先生によるバランスセミナーが東京で開催!

最近、立位でのバランス能力が低下されている患者様をよく目にします。 そういう場合、ADLレベルをなかなか上げていけないんですよね。 無理にレベルの高いことを行うと、 余計に力が入ってしまって 失敗経験ばかり体験して、意欲が低下してしまいます。 少…

座りすぎの死亡リスクは最大40%増って知っていますか?

前日興味深い記事を見つけました。 それは、座りすぎにおける健康被害です。 座位時間と総死亡リスクについて調査したところ、1日の総座位時間が4時間未満の成人に比べて、8~11時間の人だと15%増、11時間以上だと40%増、ということがわかったということで…

リハビリは諦めないことが一番大事

弊社の自費リハビリで、最近様々なお問い合わせをいただいております。 私達はケアマネと週一回必ず電話なり面会なりで 今の進捗を話し合う機会をいただいています。 やっぱりチーム医療は重要だなと思わずにはいられません。 特に終末期リハビリにおいて理…

世界のラグビー選手も実践!身体の疲労回復に最適な方法とは?

最近はラグビーワールドカップで世間は大賑わいですね。 私はあまりスポーツをテレビで見ませんが ラグビーはもしかすると好きかもしれません。 えぇ、サッカーより見ていてよっぽど見ごたえを感じます。 特に昨日のイングランドとアメリカの試合見ましたか…

脊柱管狭窄症の治療にはアライメント強制は必須です

リハビリ分野で活躍されている先生方にとっては 脊柱管狭窄症はありふれた症例ではないでしょうか? 脊柱管狭窄症の症状は腰痛、歩行障害、足のしびれ、 筋力低下、排尿・排便障害などです。 また、神経の圧迫が強くなって、急激に症状が悪くなることがあり…

これだけは知っておくべきリスク管理の◯◯とは?

心疾患のリハビリを行うにあたり、 まずは心不全という症状から確認しなければいけません。 病態がどのような症状を起こすのか、 そしてどのような薬を服薬しているのかを確認し、 理解しなければ、運動療法中に症状が悪化する可能性がありますよね。 フィジ…

食事こそがリハビリを行う上で重要な要素だ

リハビリを行う上で必要なものは、 食事と意欲!これに尽きます。 車もガソリンがなければ走りませんよね? 人間も消費するカロリーがなければ いくらリハビリを行っても筋力がつくはずはありません。 適切なカロリーを摂取するように心がけていきましょう。…

肩こりは簡単に治せます。その方法を教えます

なぜ肩こりという症状が現れるのでしょうか? 哺乳類は四つ足動物から進化し、 直立二足歩行で手が自由に使えるようになった進化の代償として、 肩や首は重たい頭を支えなければならなくなりました。 さらに肩は両手の動きをコントロールするという大きな役…

内臓疲労が腰痛を引き起こす

日頃のデスクワークや長時間の立ち仕事、腰痛の原因は様々ですが、 実は内蔵に問題点があることもあるんです。 今日は、無関係そうに見える内臓と腰痛の関係、それをお伝えしたいと思います。 内臓と筋肉の関係とは 内臓と腰痛なんて、一見すると無関係のよ…

腸閉塞を予防するためには肉を食べよう

皆さんはお野菜をたくさん取りなさいと言われたことはありませんか? 確かに野菜類、特にごぼうやタケノコなどの根菜類、しいたけなどのキノコ類、 野菜や果物の皮などに、食物繊維は多く含まれます。 食物繊維は消化・吸収されずに腸まで届くため、腸内環境…

納豆の効果絶大!ダイエットを支えてくれる優れもの!

人生100年時代といわれる昨今ですが、 実は人間の寿命のポテンシャルは思っているよりずっと長いそうです。 健康管理ができれば、125歳まで生きるのも理論上は可能って知っていましたか? こう話すのは、寄生虫学の第一人者で新著『人生100年、長すぎるけど…