EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、IT事業、整体院事業、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

弊社の自費のリハビリは場所と手段を選びません

リハビリテーション事業部 部長の石原です。

 

弊社の自費訪問リハビリサービスについて、最近は良く問合せを受けます。

 

いきなり電話で、「私も同じような事業をしたいのですが、少しお話しを聞かせてもらえませんか?」と言われたこともありました。

 

病院や施設で勤務されている先生方にとっては、「自費の訪問リハビリって何するの?」と思われる方もいるかもしれません。

今回は、そんな秘密のベール? に包まれた弊社の自費のリハビリサービスについて、記載していきたいと思います。

 

現在では少しずつ自費を取り入れている訪問リハビリの事業所も増えてきておりますが、「完全自費」という会社はまだ少ないのではないでしょうか?

 

弊社は完全自費だけで何年も事業を展開しております。
勿論、私も配属されてまだまだ日が浅いため。知らない自費の訪問リハビリサービスについて知らないことも多々あります。

 

現在、弊社の自費の訪問リハビリを利用されている方は施設の方7割、個人宅の方3割という感じで、施設に入所されている方が多いです。
施設といっても、有料老人ホーム、特別養護老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅、グループホームなどなど様々です。

 

ご利用者様がどのようなルートで弊社を利用されるかというと、それはご家族様やご本人様がHPを見て問い合わせてくれたり、施設のスタッフやケアマネージャー、相談員の方などからの問合せであったり、病院のソーシャルワーカーやセラピストからの紹介などもあります。

最近では弊社長い年月で築き上げたコミュニティもあり、紹介して下さる方も多くいらっしゃいます。

本当に多くの方にご利用して下さっており、伊丹支店だけでも西は神戸垂水から東は京都の手前まで、訪問に伺っております。

 

それでは、肝心のリハビリはどのようなことを行っているのか?
やはり、自費のリハビリというだけあって、とても複雑なことや特別な手技を求められているのではないかと思っていませんか?

そんなことはありません。我々の仕事は場所や環境が変わろうと変わりません。

ご利用者様にとって今、必要なこと、目標達成のために行わなければならないことを抽出し、ご利用者様に寄り添って頑張っていくことです。

勿論、自費ですので、特殊な依頼を受けることがあります。


『90歳の男性ご利用者様にエイジシュートのギネス記録を作りたい』

 

blog.ep-och.com

 こちらは過去にブログでも紹介しましたが、呼吸器をつけながらゴルフコースをラウンドするための歩行練習やゴルフスイングの練習をしております。

 

そうです。私たち自費で行っているリハビリは制限や柵が少ないため、自分たちが必要だと思うことは何でもチャレンジしています。

 

我々、自費の訪問リハビリサービスはご利用者様が諦めない限り諦めずに目標達成のために最善を尽くします。

もしも病院や施設で勤務されているセラピストやケアマネージャーの方などで「現在の医療保険・介護保険では適応が難しい、でもリハビリをもっと頑張ってほしい」という方がいらっしゃいましたら、是非弊社までお問合せ下さい!

reha.ep-och.com