EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、訪問看護ステーション、IT事業、Body +、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

整形外科疾患で知っておきたいFAIって何?

股関節の痛み | 無料の写真

 

整形外科疾患であれば、股関節や膝関節のレントゲン画像

脳血管疾患であれば、MRIやCT、MRAといったものもあります。

内科疾患であれば胸郭のレントゲン画像は

必ずチェックしておきたいですよね。

 

特に変形性股関節症の患者様を担当するとき

跛行がなぜ出現するのかを理解するためには

レントゲン所見を確認する必要があります。

 

でも、若手セラピストの時ってレントゲン画像って

実際のところ何を見ればいいかわからないといったことはありませんか? 

 

今回はレントゲン画像はどのようなところを見ておくべきなのか?

ということについて学んでみましょう。

 

股関節疾患のレントゲン画像は何をチェックすればいいのか?

さて、股関節疾患のレントゲン画像では

どのようなところをチェックしておくべきなのでしょうか?

 

股関節疾患でチェックしておきたい内容としては

臼蓋形成不全でしょう。

 

臼蓋形成不全は臼蓋が骨頭の被覆率がどれだけあるか

を評価する必要があります。

 

カルテ上、臼蓋形成不全と診断されていても、

どの程度なのかまで詳しく記載されていればいいのですが、

なかなか書いていなかったりすることは多々ありますので、

自分でチェックしておかなければいけませんね。

 

では股関節疾患でチェックをしておきたいところと言えば、

まずは国家試験でも出ていたと思いますが

Sharp角CE角ですね。

 

sharp角は左右の涙痕を結んだ平行線と

臼蓋の外上縁を結んだ線の角度

で示されます。

これの正常角度は45°以上と言われています。

 

次にCE角は骨頭中央と臼蓋の外上縁を結んだ線の角度になります。

この角度が20°以内であることが望ましいと言われています。

 

学生時代は数字ばかり覚えることに必死でしたが

臨床に出て変形性股関節症や臼蓋形成不全と診断されているけど

オペをせずに保存されている患者様をよく見かけます。

 

臼蓋形成不全と診断されているのであれば、

どの程度の臼蓋被覆率があるのかは

きちんとチェックしておきましょうね。 

 

股関節疾患で近年流行りのFAIとは?

股関節疾患で最近特にトピックスとなっているのは、

FAI(Femoroacetabular Impingement)

ではないでしょうか。 

 

FAIとは臼蓋と大腿骨の衝突によって起こるとされています。

よく目にするのは臼蓋の出っ張りが大腿骨に衝突する場面ではないでしょうか。

他にも大腿骨頸の肥厚により、

臼蓋外上縁に衝突するという症例も目にしたことがあります。

このように骨同士の衝突を繰り返して

股関節唇損傷を引き起こす症例のことをFAIと呼びます。

 

  • 鼠径部が痛い
  • 詰まった感じがする
  • 跛行がなかなか治らない
  • 筋力はあるのにうまく動かない
  • 脱臼する危険性を考慮しすぎて動く量が減る

 

こうした悩みを持つ患者様がおられるのであれば、

ぜひこれらの症状を疑ってみてくださいね。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

エポックでは、自費訪問リハビリサービス・整体院・セラピスト向けセミナーを行っています。

自費訪問リハビリ 関西の自費訪問リハビリはエポック

兵庫県伊丹市の訪問看護ステーションはエポック訪問看護ステーション

阪急稲野駅JR猪名寺駅からスグ!カラダのことならEPoch Body+エポックボディープラス 

理学・作業療法士 セラピスト向けリハビリテーションセミナー

 

#リハビリ #理学療法士 #作業療法士 #言語聴覚士 #エポック #兵庫 #伊丹 #尼崎 #レントゲン #股関節 #FAI