EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、訪問看護ステーション、IT事業、Body +、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

TKA術後のリハビリで関節可動域制限を作らないために必要なこととは?

f:id:EPoch:20211026155556j:plain

臨床上、変形性膝関節症の治療や人工膝関節置換術後(以下TKA)の患者様を担当する機会は少なくありません。

特に外来や急性期病院ではTKA術後の患者様の治療をする上で、術創管理や関節可動域制限の予防などに注意が必要です。

 

  • 可動域制限を起こす原因がわからない
  • 痛みを出さずに曲げるためにはどうすればいいのか
  • 術創管理の方法ってどうすればいい?
  • オペでどの組織を侵襲しているかわからない

 

このような内容で悩んだことはありませんか?

実は私自身も変形性膝関節症術後の患者様を担当したときに、同じように悩みました。

今日はそのようなお話をしたいと思います。

 

TKA術後の患者様のリハビリで術式理解は必要です

人工膝関節置換術後(以下TKA)の患者様のリハビリを行う上で重要なのは

どの組織が切断されていて、どのように創部が広がっているかを理解することです。

 

術後の患者様で膝関節の内側が痛い、と訴えられる患者様はおられませんか?

私自身もこのような内容を訴える患者様を担当し、なかなか痛みが治まらないという方がおられました。

もちろんその時は術式の理解が必要だということも知らず、そのままリハビリを行っていました。

 

しかし術式を理解すると、なぜその部分に痛みが出現するのかが理解できます。

その術式などについては、今後エポックで開催する『人工膝関節置換術後のリハビリテーション~治療の進め方に悩むあなたへ~』で詳しく説明いただけます。

 

 

術式が理解できれば、どの組織を重点的にリハビリをすべきなのか、

どのようにアプローチをすればいいのかがわかります。

 

もしあなたがTKA術後の患者様の膝の痛みがなかなか治らないと悩んでいるのであれば、

ぜひ本セミナーで体験してみてくださいね。

 

整形外科リハビリテーション学会の人気講師が登壇!

さて、今回ご登壇いただく為沢先生は、京都下鴨病院で整形外科疾患を徹底的に勉強されているだけでなく、整形外科リハビリテーション学会でも、様々なご講演をされておられます。

為沢先生には今までエポックでも体幹や足関節など様々な講演をお願いしてきました。

今回、人工膝関節置換術後のリハビリテーションとして、術後患者様の管理やその後のフォロー方法、トレーニングについてもお話をいただく予定です。

 

もしあなたが術前術後に見る点や運動療法がわからない、術式をあまり知らないというのであれば、ぜひこのセミナーをご利用ください。

明日からの視点が全然変わるはずです。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

理学療法士・作業療法士が臨床のヒントを探すならエポックセミナー

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士をはじめとする コメディカル、セラピストのための臨床に活きるセミナーがここにあります。 seminar.ep-och.com