EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、訪問看護ステーション、IT事業、Body +、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

若手セラピスト必見|脳画像を簡単に学びたいならエポックセミナー

f:id:EPoch:20210927084353j:plain



 

臨床では様々な患者様を担当する機会があると思います。

中でも多系統萎縮症や進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症など

神経難病に属する患者様を担当する機会もあるでしょう。

 

これらの患者様は様々な症状を呈し、

症状の出方も一定ではありません。

そんな時に重要な脳画像の評価があなたはできていますか?

 

  • 脳画像をどこから見ればいいかわからない
  • MRIとCTの違いとは?
  • どこにどんな機能があるか実はあまり知らない

 

このような悩みをもし持っているのであればおすすめのセミナーがあります。

 

セラピストのための脳画像の診かた|脳幹・小脳の機能解剖とMRI画像– エポックセミナー

 

若手セラピスト必見|脳画像はまず機能局在から覚えよう

脳画像をどこから見ればいいかわからないという悩みはよく聞きます。

そんな時におすすめなのは、

まず全体の印象から調べることをおすすめします。

 

  • 大脳であれば、しわが多い
  • 小脳は梨の形
  • 被殻や淡蒼球はくの字型をしている

 

など、どんな形でもいいと思います。

イメージをしっかり持つことが大事。

そこからどんな機能があるのかを覚えていくことがいいと

私は若手セラピストの時に先輩に教えていただきました。

 

最初は何を見ているのかいまいちよくわからないものでも

イメージでどのレベルを見ているのか

をしっかり見れるようになれれば

どのような機能が障害されているかがわかるようになります。

 

 

脳梗塞や神経難病の脳画像における機能局在を学びませんか?

前述した神経難病における多系統萎縮症や進行性核上性麻痺は、

脳幹や小脳機能が徐々に委縮していく神経難病として有名です。

 

これらの患者様を担当するにあたって、

定期的な脳画像の評価を行うことでどのような問題が出現するのか、

どのような場所が委縮してきているのかを理解するためには

脳画像の評価は欠かせません。

 

特に脳幹や小脳には生命機能を司る部分が多数存在しています。

眼球運動や呼吸機能の中枢、心機能の中枢もこの部位に属します。

ですので、例えば起立性低血圧が起こりやすかったり

眼振、眼球運動の障害が起こってきたりなどを

推測することに役立ちます。

 

もしあなたが神経難病だけでなく、

脳出血や脳梗塞の患者様を担当する機会があるのであれば

ぜひ脳画像をチェックする癖をつけておく必要があるかもしれませんね。

 

今回ご紹介するセミナーは、

香川県で毎年若手セラピストを対象とした勉強会を開催されている

田岡先生をお招きしています。

 

他県の県士会や研修会、学校での講義でも活躍されておられますので、

脳画像を学ぶのであればぜひこのセミナーで学んでみてくださいね。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

セラピストのための脳画像の診かた|脳幹・小脳の機能解剖とMRI画像 – エポックセミナー

 

 

blog.ep-och.com

 

エポック リハビリセミナー ラインナップ

理学療法士・作業療法士講習会 | リハビリセミナーのエポック

 

エポックでヨガ レッスンが受けられるようになりました

f:id:EPoch:20210921083223p:plain

ご自宅にいてもヨガが受けられる!

 

エポックでは、自費訪問リハビリサービス・訪問看護ステーション・エポックボディープラスを行っています。

 自費訪問リハビリサービス | 自費訪問リハビリなら EPoch-エポック-

兵庫県伊丹市の訪問看護はエポック訪問看護ステーション - エポック訪問看護ステーション

阪急稲野駅JR猪名寺駅からスグ!カラダのことならEPoch Body+エポックボディープラス