EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、訪問看護ステーション、IT事業、Body +、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

片麻痺患者様の目と手の協調性の重要性|上肢リーチのリハビリ方法

f:id:EPoch:20211028171425j:plain

このブログを読んでくださっているあなたは、どのような環境下で読んでくださっているでしょうか?

通勤中?仕事中?それとも布団の中でしょうか?

どちらにしても、スマートフォンやパソコンなど、様々なデバイスを通じてこの記事を読んでくださっていると思います。

その時に、目と手と上肢が協調的な働きを行うことによって成立しています。

 

先日、床上動作の獲得というセミナーを開催しました。

床上動作とは、小児の発達過程を考えてみても、目と手と上肢の協調的な働きを獲得するうえで重要な肢位です。

この肢位で目と手と上肢の協調的な働きを獲得することが片麻痺治療にも求められます。

 

では、手の巧緻性を高めるためにはどうすればいいのでしょうか?

今日はそのようなお話をしたいと思います。

 

片麻痺患者様のリハビリで必要な上肢や手指・手掌の治療は繊細に行おう

さて、床上動作において目と手と上肢の協調的な動きをいかに獲得するか、ということについて、先日甲斐リハビリテーションクリニックの北山先生にご講演をいただきました。

 

片麻痺患者様の治療において、非麻痺側側の過剰努力をいかに抑制し

麻痺側上下肢への感覚入力を行うかということについてお話をいただきました。

 

ではその感覚入力を行ったうえで、上肢と手指・手掌のアクティブモーションを促しつつ、

目と手と次は物体(例えばスマホ)へのリーチ動作やスマホ操作はどのようにアプローチしていけばいいのでしょうか?

 

セミナーでは、手と手掌へのアプローチはとても繊細に行うべきだとお話しくださっていました。

手を動かし能動的に探索するという作業は、外界を知るために重要な役割を担っています。

その時の手の内在筋の動き、触覚、スマホの形に手のひらを合わせる動き、様々な要素が必要になってくるのです。

 

だからこそ雑に扱わず、一つ一つの動きについて繊細に治療を進めていかなければいけないとご講義くださいました。

 

これは人間発達学的な理論に基づいた考え方です。

 

もう少しこれらの機能について知りたい方は次の記事もチェックしてみてください。

片麻痺患者様の手の治療には眼球運動をチェックしておこう

 

ここまで上肢機能とリーチ動作の重要性についてお話をしてきました。

 

エポックでは甲斐リハビリテーションクリニックの北山先生にご講義いただき、

上肢機能へのアプローチ方法だけでなく、

床上動作や座位でのリーチ、歩行動作の治療アプローチ方法など、

 

片麻痺患者様のリハビリについて重要な各センテンスについて

細かく治療方法や評価方法を考えるセミナーを開催中です。

 

理学療法士・作業療法士向け歩行動作の評価技術とリハビリセミナー|端坐位、リーチ動作 – エポックセミナー

 

過去に開催した北山先生のオンラインセミナーは大人気で、

もっと受講生様から触っているところを知りたい、どのようにハンドリングしているかを知りたいと

多くのご要望をいただいたことにより開催が決定した大人気シリーズセミナーです。

 

もしあなたが興味を持っているのであれば、

ぜひおすすめしたい内容になっていますので

ご参加をご検討ください。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

理学療法士・作業療法士が臨床のヒントを探すならエポックセミナー

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士をはじめとする コメディカル、セラピストのための臨床に活きるセミナーがここにあります。 seminar.ep-och.com