EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、訪問看護ステーション、IT事業、Body +、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

心疾患のリハビリに必要なフィジカルアセスメントの見分け方

 

 

f:id:EPoch:20190520071030p:plain


今後、超高齢化社会に移行していく時代になり、

原疾患だけではなく、心疾患や呼吸器疾患を併発している患者様が増えてくるようになりました。

 

近年はエポックでも心リハスクールを開催し、

多くの受講生様がご受講いただきました。

 

他にも運動器疾患のリハビリに必要なリスク管理というテーマでも

セミナーを開催しておりますが

関心の高さがうかがえます。

 

原疾患が脳血管疾患や運動器疾患であっても、

併発や既応に心不全や呼吸不全などを有する方が多いので、

心臓リハの知識は重要になってくると思っています。

 

 

リハビリで覚えておきたい心不全の評価バッテリーとフィジカルサイン


循環器疾患において、虚血性心疾患、弁膜症、心不全、不整脈…など

沢山の疾患がありますが、病態把握は非常に大切です。

 

 

心不全は様々な症状を呈す、臨床症候群と考えられています。

心不全の介入は予防も重要です。

 

また、癌よりも予後が不良で、再入院率も高いから注意が必要です。

再発を繰り返すため、徐々に体調やADLが低下してきます。

そのため、緩和ケアや終末期の介入も必要となります。

全ての心疾患は心不全に繋がっていきます。

 

心不全の分類として、

  • NYHA分類
  • Forrester分類(カテーテル検査が必要)
  • Nohria Stevenson分類(リハスタッフ使用しやすい)

があります。

 

前述したように心不全は様々な症状を呈しますが、

ここでは低心拍出(左心不全)とうっ血(右心不全)についてまとめておきます。

 


低心拍出を示唆する所見

  • 手足の冷感
  • 活発性低下(気だるい感じ)
  • 尿量低下
  • 運動中の血圧低下(増加しない)、頻脈
  • 下痢

 

うっ血を示唆する所見

  • 体重増加
  • 頸動脈怒張
  • 肝腫大
  • 下腿浮腫

 

 

が主になります。

 

 

 

リハ介入による効果とリスク

 

高齢者のリハビリでも心疾患のリハビリでも

運動負荷量を決定するうえでフィジカルサインのチェックは重要です。

 

前述したような症状が出現しているのかどうかを

きちんと把握し、リスク管理を徹底しなければなりません。

 

特に急性心不全をきたすことで

呼吸や循環動態が不安定になることも少なくありません。


内部障害においては、リハビリだけが関わる部分も多く、

リスク管理がとても重要になります。

運動療法を正確に実施し、正確な評価を行う。

このサイクルを行なうことで手術や服薬にも勝る効果があることをエポックセミナーで学んでいただけます。

 

脳血管疾患や運動器疾患をみるときに、これからは内部障害があるのでは?

という気持ちでクライアントの方をみると、また少し違ったアプローチができそうですね。

 

もし今日の記事を読んで興味を持っていただけるのであれば

こちらのセミナーをチェックしてみてください。

 

急性期で働くPT・OTのためのベッドサイドの知識と技術|急性冠症候群(ACS)・心臓弁膜症 – エポックセミナー

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。


理学療法士・作業療法士が臨床のヒントを探すならエポックセミナー

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士をはじめとする コメディカル、セラピストのための臨床に活きるセミナーがここにあります。 seminar.ep-och.com

関西の自費訪問リハビリならエポック

兵庫県・大阪府中心に自費訪問リハビリサービスをご提供しています。 2011年より、ひたむきに自費訪問リハビリサービスと向き合ってきた 私たちだからこそ、できることがあると思っています。 reha.ep-och.com

伊丹市・尼崎市の訪問看護ステーションならエポック

自費訪問リハビリで培ったノウハウを活かして、 訪問看護ステーションでも機能回復を目指した 看護・リハビリをご提供しています。 nurse.ep-och.com


阪急稲野駅JR猪名寺駅からスグ!カラダのことならエポックボディープラス

訪問だけじゃありません。 通えるリハビリもあります。 リラックスしたい方、カラダの相談したい方はエポックボディープラスへ! body-plus.ep-och.com