EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、訪問看護ステーション、IT事業、Body +、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

歩行動作における上肢機能の役割をきちんと説明できますか?

指先の写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

 

皆さんは上肢のリーチ動作についてどのように考えておられるでしょうか?

 

  • 左右への体重移動に伴う体幹機能の動き
  • 肩関節挙上や外転運動
  • 立ち直り反応に伴う体幹と頸部の立ち直り
  • 臀部と股関節の反応

 

様々な要因が折り重なって前後左右へのリーチ運動を行います。

私はそこに眼球運動の重要性についても言及したいのですが、

共感してくださる方はおられますでしょうか?

 

特に神経難病疾患の患者様については

眼球運動はしっかり評価しておきたい部分でもあります。

実際に眼球運動を促すとすくみ足が軽減したり、

側方への寝返り動作がスムーズになったりという現象がみられるようになります。

 

今日はそのような話をしてみたいと思います。

 

動作の始まりは眼球運動から始まる

これは意外と知られていないことかもしれませんが、

寝返り動作の始まりは眼球運動から始まるという文献があります。

 

実際小児の動作を見ていても、0歳3か月ごろまで寝返り動作はできませんよね。

その場合は背臥位で自分の手を挙げたり足を上げたりと、

眼球運動が発達してくるのです。

 

そこから頭頚部が発達して頭を持ち上げたりすることができると、

自分の正中線を超えて左右へのリーチ運動が促されてきます。

 

こうなってくると正中線を超えての側方リーチが生まれるわけですが

その時の動作の起点になるのは眼球運動になるのです。

 

皆さんも一度試してみてほしいのですが、

眼球運動を使わずに側方に寝返るとどうなるか経験したことはありますか?

 

意外と側方に何があるかわからないので、怖かったりするものです。

 

特に片麻痺患者様や神経難病患者様にとっては体側の感覚が弱化していたり、

眼球運動が阻害されていたりするわけですから、

より側方への運動は苦手になっているはずです。

 

つまり、何を言いたいかというと、

側方への重心移動やリーチ運動には眼球運動は不可欠だということです。

 

風船バレーの効果を客観的に説明できますか?

よくグループ運動に風船バレーを導入されておられる施設があります。

私自身もよく風船バレーは導入していました。

 

皆さんはこの風船バレーを実施する効果を客観的に説明できますか?

 

理学療法や作業療法の動作練習においてよく

「なぜその環境設定にしたのか」「なぜそのアクティビティを用いるのか」

と問われることがあります。

 

それをきちんと評価説明できることが重要視されていますが、

意外とこの説明ができないという方は少なくないものです。

 

 

私自身は動体視力や物体と上肢との位置関係について話をしますが、

今回ご紹介する今村先生については、より客観的な内容についてご講演いただきます。

 

seminar.ep-och.com

 

前回のセミナーでは体幹と下肢について言及していただきました。

かなり多くの受講生様がご参加いただきましたが、

今回は体幹と上肢との関係性についてご講演をいただきます。

 

空間認知能力や上肢と体幹との協調性、またリーチ動作だけではなく

そこから歩行を行う際の上肢と体幹機能との関連性についてまで

お話をいただく予定です。

 

皆さんは歩行動作の際の上肢はきちんと評価していますか?

腕を振らずに歩くということがいかに難しいことなのか、

このセミナーをご受講いただいた後ではかなり明確になるのではないでしょうか?

 

作業療法士の皆さんはもとより、理学療法士の皆さんも、

歩行動作の際の上肢機能をきちんと評価できるように、

このセミナーのご受講をご検討ください。

 

明日からの歩行動作練習が目に見えて変わるかもしれませんよ。

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

【そのほかのセミナーラインナップ】

理学・作業療法士 セラピスト向けリハビリテーションセミナー

 

エポックでは、自費訪問リハビリサービス・訪問看護ステーション・エポックボディープラス・セラピスト向けセミナーを行っています。

 自費訪問リハビリサービス | 自費訪問リハビリなら EPoch-エポック-

兵庫県伊丹市の訪問看護はエポック訪問看護ステーション - エポック訪問看護ステーション

阪急稲野駅JR猪名寺駅からスグ!カラダのことならEPoch Body+エポックボディープラス 

 

#リハビリ #理学療法士 #作業療法士 #言語聴覚士 #エポック #リハビリテーション #回復期リハビリテーション #オンラインセミナー #セミナー #脳卒中 #神経難病 #上肢