EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、IT事業、整体院事業、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

なぜ、息が上がるのか?を生理学的に理解していますか?

これを読んでくださっている皆さんは、 理学療法士や作業療法士、はたまた柔道整復師や鍼灸師や看護師など 国家試験を通過してこられている方々なので 運動療法という分野においてスペシャリストだと思います。 ということは運動生理学についても理解を深め…

誤嚥は理学療法士が予防する時代に突入しました

急性期術後の患者様やICUの病棟において、 絶対安静を強いられる患者様はどのような状況にさらされているか あなたは理解していますか? 絶対安静は 肺胞気酸素分圧の低下 肺内シャントの増加 動脈血酸素分圧の低下 機能的残気量の低下 下側肺障害 これらの…

脳画像は若手セラピストのうちに学んでおくべき知識です

高次脳機能障害を呈している患者様の治療において あなたは脳画像を活用できていますか? 画像から症状を予測して、その症状を精査、評価して どのように治療に生かしていくかを考える方法を 基礎から教えていただけるセミナーが今度関東で開催されます。 se…

文京学院大学の望月先生によるバランスセミナーが東京で開催!

最近、立位でのバランス能力が低下されている患者様をよく目にします。 そういう場合、ADLレベルをなかなか上げていけないんですよね。 無理にレベルの高いことを行うと、 余計に力が入ってしまって 失敗経験ばかり体験して、意欲が低下してしまいます。 少…

座りすぎの死亡リスクは最大40%増って知っていますか?

前日興味深い記事を見つけました。 それは、座りすぎにおける健康被害です。 座位時間と総死亡リスクについて調査したところ、1日の総座位時間が4時間未満の成人に比べて、8~11時間の人だと15%増、11時間以上だと40%増、ということがわかったということで…

リハビリは諦めないことが一番大事

弊社の自費リハビリで、最近様々なお問い合わせをいただいております。 私達はケアマネと週一回必ず電話なり面会なりで 今の進捗を話し合う機会をいただいています。 やっぱりチーム医療は重要だなと思わずにはいられません。 特に終末期リハビリにおいて理…

世界のラグビー選手も実践!身体の疲労回復に最適な方法とは?

最近はラグビーワールドカップで世間は大賑わいですね。 私はあまりスポーツをテレビで見ませんが ラグビーはもしかすると好きかもしれません。 えぇ、サッカーより見ていてよっぽど見ごたえを感じます。 特に昨日のイングランドとアメリカの試合見ましたか…

伊丹市民の皆様必見!SpAid伊丹店では伊丹市プレミアム付商品券が使えます!

プレミアム付商品券とは? プレミアム付商品券事業は、消費税・地方消費税率の10%への引上げが低所得者・子育て世帯の消費に与える影響を緩和するとともに、地域における消費を喚起・下支えすることを目的として実施されるものです。 平成31年1月1日(基準…

脊柱管狭窄症の治療にはアライメント強制は必須です

リハビリ分野で活躍されている先生方にとっては 脊柱管狭窄症はありふれた症例ではないでしょうか? 脊柱管狭窄症の症状は腰痛、歩行障害、足のしびれ、 筋力低下、排尿・排便障害などです。 また、神経の圧迫が強くなって、急激に症状が悪くなることがあり…

これだけは知っておくべきリスク管理の◯◯とは?

心疾患のリハビリを行うにあたり、 まずは心不全という症状から確認しなければいけません。 病態がどのような症状を起こすのか、 そしてどのような薬を服薬しているのかを確認し、 理解しなければ、運動療法中に症状が悪化する可能性がありますよね。 フィジ…