EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、IT事業、整体院事業、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

あの景色をもう一度、VR技術を用いて緩和ケアで思い出の地を訪れる試みが行われました。

終末期のリハビリを担当していた頃、

最後の望みは自分の家に帰ってみたいという要望がとても多く寄せられていました。

 

自分が育ったところに最後にもう一度行きたい。

思い出の地を訪れたい。

 

この世に思い残すことなく最後を迎えるために、

そのような要望をされている方を何人も担当しました。

 

病状が安定している方であれば、介護タクシーを利用して

少しの外出ができていましたが、

人工呼吸器や無菌室のような場所で過ごされている方にとってそれはかなわない夢でした。

 

しかし、先日神戸新聞で、VR技術を用いて外出を体験できるという取り組みがなされました。

 

それを行うことで、患者は病室にいながら外出を疑似体験でき、気分の落ち込みが改善するなどの効果が表れているという研究結果が発表されているようです。

 

Large

 

VRとは、一般的にはVRヘッドマウントディスプレイやVRゴーグルなどを使用することで、360度に渡る視野や音場、あるいは触感などを確保し、仮想現実で創造された空間に自身が入り込んでしまったような感覚を得られるもの、という形で認識されています。

 

この取組みを行われていた市立芦屋病院の病院薬剤部長の岡本禎晃さん(51)は「終末期には、薬が効かない苦痛や苦悩があり、患者のために何かできないかと考えてきた。VRでは予想以上に良い結果が出た。患者の希望をかなえることは、家族のケアにもなる」と話しておられます。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

エポックセミナー事業部でも、終末期における関わりはとても重要視視しています。

私自身、終末期でのリハビリとして、呼吸器へのアプローチは

かなり注力してきました。

 

今後、呼吸器リハのセミナーを開催する予定です。

seminar.ep-och.com

 

今回、神経難病リハを専門とする理学療法士、寄本惠輔先生をお招きして、

進行する呼吸障害の捉え方(評価)、そして具体的なリハビリテーションについてご講義いただきます。

​本セミナーは、神経難病についての呼吸ケアや運動療法の方針についてお話しいただくと共に、

呼吸機能の評価や排痰を中心とした呼吸ケアは、呼吸ケアを必要とする全ての疾患に応用が可能ですので、ぜひご来場お待ちしております。

 

 

 

 

 

そういえば以前、AI技術が医療現場に導入されるという記事を書きました。

 

blog.ep-och.com

 

最先端技術が医療現場で積極的に取り入れられている現状に対して

我々はこの流れに乗っていかなければいけません。

日に日に進歩する技術を、積極的に導入して

よりよりサービスを提供できるようにしていければいいですね。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

seminar.ep-och.com