EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、訪問看護ステーション、IT事業、Body +、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

高齢者にとって転倒恐怖感は大きなリスク因子だった

Pictograms, Pittogrammi, Piktogramme, Picteagram, Piktogrami ...

 

 

 

転倒恐怖感について考え評価しているセラピストはどれくらいいるでしょうか?

 

転倒恐怖感があるかないかで

大きくその後の転倒リスクやリハビリの治療効果にも

影響してくるということをご存じでしょうか?

 

知っていてもあまり気にしていないという人が多いように感じます。

 

患者様の自立を目指すうえで必要な「転倒恐怖感」の克服について考えてみましょう。

 

 

転倒恐怖感とは

転倒恐怖感は、

一度転倒を経験した人(主に高齢者)が再び転倒することへの恐怖心を感じることで、

歩くことや活動することにも恐怖感を感じてしまうことです。

「転んだらどうしよう」

「転ぶのが怖い」

という感情です。

 

定義では

「身体能力が残されているにもかかわらず、移動や位置の変化を求める活動を避けようとする永続的な恐れ」(Tinettiら)

と言われています。

 

ある報告では、対象者の約半数が転倒恐怖感を感じており、

その特徴として

①後期高齢者

②屋外移動に歩行補助具を使用している

③痛みがある

が挙げられました。

(「高齢骨折患者における転倒恐怖感に影響する要因の検討」日本職業・災害医学会会誌 JJOMT Vol. 62, No. 1)

 

転倒恐怖感があることでリスクは上がるの?

転倒恐怖感は、活動の制限をもたらし、閉じこもりへ移行し、廃用萎縮や身体機能の低下を引き起こします。

それがさらに転倒のリスクを増加させると言われています。

(「転倒の先におこること」鈴木隆雄 整形・災害外科 Vol.50 2007)

 

転倒恐怖感が強いと、

いくら身体機能が回復したとしても、

必要以上に介助者や福祉用具に頼ってしまったり、

歩く活動範囲を制限してしまったり、

閉じこもりがちになってしまう場合もあります。

 

しかし、ある研究では、

TUGが13.5秒以上かかる高齢者においては、転倒恐怖感あり群に比べて、転倒恐怖感なし群で転倒発生が多かった

という報告もあります。

転倒恐怖感がある方が転倒「は」しにくい、ということになります。

 

この違いとは、

単に「転ぶかもしれない」と考える場合、

転倒を回避しようと転倒予防をするため、転倒が減りますが、

そこから恐怖感が強くなり、

「転ぶかもしれないからやらない」と思ってしまうならば、

その恐怖感から活動制限につながり、身体機能も低下という悪循環に陥ってしまいます。

 

単純に筋力や可動域などの機能が上がったとしても、

それが歩行能力に結び付くとは限らないのです。

 

高齢者の転倒予防には身体面だけでなく、

転倒恐怖感などの精神面に対するアプローチも必要となります。

 

blog.ep-och.com

 

転倒恐怖感を測る尺度(MFES)

転倒不安尺度Modified Falls Efficacy Scale(MFES)とは、

転倒に対する自己効力感から転倒恐怖感の程度を測定するための尺度です。

 

以下の14項目について転倒することなく遂行できる自信の程度を 0 点(全く自信がない)から 10 点(完全に自信が ある)より決定してもらいます。

合計点数が低いほど転倒恐怖感を感じていることを表しています。

①衣服の着脱を行う

②食事の準備(調理・配膳)を行う

③風呂に入る

④椅子に掛ける・椅子から立ち上がる

⑤布団に入る・布団から起き上がる

⑥来客(玄関・ドア)や電話に応じる

⑦家の中の廊下や畳を歩き回る

⑧戸棚やタンス・物置のところまで行く

⑨軽い家事を行う

⑩軽い買い物を行う

⑪バスや電車を利用する

⑫道路(横断歩道)を渡る

⑬庭いじりをする、又は洗濯物を干す

⑭玄関や勝手口の段差を超す

 

カットオフ値を 110 点とし、

110点未満を転倒恐怖感があると考えます。

 

転倒恐怖感の軽減のためにリハビリテーションでできること

 

転倒恐怖感と似た言葉に「転倒自己効力感」という言葉があります。

簡単に言えば、「転倒せずに日常的な行為を実現しうる自己信頼度」のことです。

転倒恐怖感とは真逆の言葉と言えますね。

 

転倒自己効力感が高いほど、

逆に行動意欲に結び付き、身体機能の改善にもつながりやすくなります。

 

これを高めるために必要なのは、

何よりも「成功体験」です。

 

「転ばずに○○できた」

という体験が転倒恐怖感を軽減させ、活動意欲に結び付きます。

 

そのためにも、

「転ばない環境」を周りの介助者や環境面など多方面から評価して設定することが大切です。

 

制限するのではなく、安全に動ける範囲を広げることがリハビリテーション職種の仕事でもあります。

 

【おすすめ記事】

介護保険サービスを活用して、在宅生活を送るための基礎知識 - EPoch Official Blog

  

【こんな報告もあります】

慢性期脳卒中患者に対して、ヨガを継続して受講させたところ、

その前後でバランスが改善、

Fear of Falling(転倒の恐怖)に「はい」と回答した被験者が有意に減少

mRS で自立していると回答する人数が有意に増加

QOLとバランス自己効力感が有意に改善した、との報告もあります。

理学療法士・作業療法士はヨガをうまく使うべきです - EPoch Official Blog

 

このたび2020年6月1日より

伊丹・尼崎・川西・宝塚を中心として、

エポック訪問看護ステーション

を立ち上げました。

 

地域の皆様の健康と安心のため、

利用者様が「その人らしく生きる」手段を共に模索し提供してまいります。

 

 

※まずはお気軽にお問い合わせください※

TEL:072-770-1657

 

 

エポックでは、自費訪問リハビリサービス・メディカル整体院・セラピスト向けセミナーを行っています。

自費訪問リハビリサービス | 自費訪問リハビリなら EPoch-エポック-

阪急稲野駅JR猪名寺駅からスグ!カラダのことならEPoch Body+エポックボディープラス 

理学・作業療法士 セラピスト向けリハビリテーションセミナー

 

#リハビリ#理学療法士#作業療法士#エポック

#訪問リハビリ#訪問看護#在宅リハビリテーション#医療保険#介護保険

#転倒#転倒リスク#転倒恐怖感#環境設定