EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、訪問看護ステーション、IT事業、Body +、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

心電図はリハビリにおけるリスク管理の世紀の大発明です

 

いきなりですが、心電図は好きですか?

 

私は心電図が大好きなのですが、学べば学ぶほどそのありがたさを痛感します。

 

なぜかと言うと、リスク管理を追求していくと欠かすことができないからなんです。

 

心電図がないとリスク管理ができないというわけではありません、

あると非常に役に立つということです。

 

今日はその点について私見多めにお伝えしたいと思います。

 

心不全のリスク管理を考えた場合、心電図は必須です

まず、リスク管理において大事なことは最悪の事態を常に想定しておくことです。

 

最悪というのは、いわゆるコードブルーをしないといけないような急変の事です。

 

これは滅多に遭遇しませんが、

遭遇したら医療従事者としては最低限の対応ができる必要がありますので、

臨機応変というありがたい言葉に甘えることなく、

ある程度のシミュレーションをしておくことが望ましいと考えます。

 

想像してみて下さい。

 

目の前で歩いていた患者さんが急に意識消失して倒れました。

呼びかけにも反応しません。 

 

まずは息してるかな?心臓動いてるかな?が気になりませんか?

息をしているかどうかは呼吸を見ると比較的わかりやすいと思います。

 

心臓が動いているかどうかは、脈を触れることが基本ですが、

そもそも脈は触れにくい人もいますし、

いざ触れなかったとしても本当に触れていないのか心配になります。

 

そして何より、AEDは心電図解析をして除細動が必要か判断している訳です。

 

つまり、心臓が動いているかどうかは心電図をつけるのが一番わかりやすいんです。

(無脈性電気活動というのもありますが、ここでは割愛します)

 

心電図がついていれば、すぐに心臓マッサージが必要かどうかわかるし、

除細動が必要かどうかも判断がしやすいですよね。

 

循環器関係のトラブル時に不整脈の情報は喉から手が出るほど欲しい

上記は急変時ですので、あまりピンとこないかもしれません。

 

では、目の前の患者さんが歩いた後に血圧が下がりました。

少し息も切れています。

 

どうしたのでしょうか??

 

こんな時も心電図が欲しくなります。

 

不整脈が出ていて血圧が低下していたり、

息切れが生じているという可能性はありますよね?

 

この時に、不整脈の情報がなければアセスメントがなかなか進まないんです。

 

常に、不整脈の有無という不確かな情報でアセスメントを進めていくのは難解です。

不整脈については検脈である程度の情報は得られます。

 

明らかに脈が飛んでいるとか、リズムがバラバラとか、

そういう触れて分かることは分かります。

 

しかし、やっぱりきちんとはわからないし、

頻脈になっていたらより検脈での情報収集は難しくなります。

 

さて、そろそろ心電図が欲しくなってきましたか?

 

心電図・不整脈の学習方法は?

心電図と不整脈はある程度同時進行で学ぶことになると思います。

 

それぞれわかってないと理解できません。

 

心電図を見るってだけにフォーカスすると、書籍や論文で読めるようになります。

 

最近はYouTubeでも動画が出たりしているので、勉強はしやすいと思います。

 

しかし、リハビリ目線での内容はわずかであり、

なかなか痒い所に手が届くものってないんですよね。

 

そして、何より心電図はちょっとややこしい!

 

P波とかQRS波というのは、こちらで勝手に書いた図であり、

別に心臓の中であの波形が生じているわけではないんです。

 

これを記号学と言います。

 

ただでさえややこしい電気活動を記号に置き換えて読もうとしているので、

慣れるまでは時間がかかりますし強烈なアレルギー反応を示す人も多いと思います。

 

そこで、理学療法士である私がリハビリ目線で心電図の解説をするセミナーを用意しました。

 

※こちらは基礎編ですので、基礎からちょっと学びたいって方、学生さんなどにちょうど良いレベルのセミナーとなっております。

 

seminar.ep-och.com

 

勉強のとっかかりにでもご活用ください。

 

 

 

心電図はきちんと活用するととても頼りになるツールです。

 

ツールはそれに依存せず他の情報と統合して活用することで

とても有用になりますので、この機会に勉強してみて欲しいと思います。

 

アップルウォッチで心電図が図れるようになったというのが話題になっています。

 

これからは簡単に心電図を見ることができる時代がきそうです、

AIも進歩するでしょう。

 

これらは、すべてツールです。

活用するのは、あなたです。

 

エポックのオンラインセミナーはリーズナブルな価格設定なので、

気軽に参加してもらえると思います。

ぜひこの機会に循環器を克服しましょう!

 

seminar.ep-och.com

 

エポックでは、自費訪問リハビリサービス・訪問看護ステーション・エポックボディープラス・セラピスト向けセミナーを行っています。

 自費訪問リハビリサービス | 自費訪問リハビリなら EPoch-エポック-

兵庫県伊丹市の訪問看護はエポック訪問看護ステーション - エポック訪問看護ステーション

阪急稲野駅JR猪名寺駅からスグ!カラダのことならEPoch Body+エポックボディープラス 

理学・作業療法士 セラピスト向けリハビリテーションセミナー

 

#リハビリ #理学療法士 #作業療法士 #言語聴覚士 #エポック #訪問リハビリ #リハビリテーション #訪問看護 #オンラインセミナー #セミナー #治療 #循環器リハビリテーション #心リハ #心電図 #不整脈 #リスク管理