EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、訪問看護ステーション、IT事業、Body +、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

がん患者様への関わり方、話し方に悩んでいるセラピスト必見

ターミナルケアとは?在宅や施設におけるケアの方法を紹介!|介護farm

 

皆さんは神経難病や終末期の患者様のリハビリを担当したことはありますか?

 

このような患者様のリハビリを担当すると、

まず「リハビリとは?」という概念に直面することになります。

 

リハビリテーション=全人権的復権

 

簡単に文字に起こすとこのようになりますが、

では、人権とはいったい何なのか?リハビリテーションとは何なのか?

人としての大切なこととは何なのか?を考えさせられます

 

リハビリ=回復

 

いや、もう回復は病気的に難しいじゃないか。

という悩みに直面したことはありませんか?

 

私は入職後、神経難病病棟と終末期病棟に配属されました。

その時の感情は今でも覚えています。

 

  • 進行性疾患の方に対して、どのようにかかわっていけばいいのか?
  • どのようにリハビリを進めるべきなのか?
  • 患者様への接し方がわからない
  • がん患者様はリハビリに取り組んでくれない
  • 絶望してしまってどのように声をかければいいかわからない

 

このような悩みは少なくありませんでした。

今日はあなたにそのような内容についてお話したいと思います。

 

進行性疾患の患者様に対して接するためのスキルとは?

 進行性疾患やがん患者様は基本的に自分の人生に絶望していることが多く、

リハビリに対しての意欲は少ないことは少なくありません。

 

逆にセラピストも、リハビリ=回復ととらえられている節もあり、

リハビリしても回復しないというところから、

あきらめているセラピストも少なくありません。

 

で、ここでひとつ考えておきたいのは

「リハビリ=復権」

ではなく、

「リハビリ=人としての日常の獲得」

という概念ではないでしょうか?

 

どのような状況であっても、人としての生活を営む「権利」は誰でもあるはずです。

 

  • 人と話す
  • 食事をする
  • テレビを見る
  • 遊ぶ

 

どのような状況においても、人として最低限必要な生活を営む権利は誰にもあります。

その方法は千差万別、どのような方法であっても

「できない」が「できた」と思えるかどうかということはとても大切です。

 

まずは考え方をいかに変えるか?

それが大事なのではないでしょうか?

 

患者様と接するためのコミュニケーションスキルとは?

セラピスト側の心の持ち方については前述したとおりです。

では、患者様にはどのように接していけばいいのでしょうか?

 

リハビリを進めるうえで必ず当たる課題はネガティブな感情をぶつけられた時です。

 

基本的に傾聴や共感、承認という

基本的なコミュニケーションスキルが重要になりますが、

なかなかうまくいかないものです。

 

コミュニケーションスキルだけでなく、

あなた自身がその患者様のことを真摯に考えて行動できるかどうか、

その行動が患者様を動かすことにもなるのです。

 

12月に埼玉医科大学の高倉保幸先生による

【オンラインセミナー】進行したがん患者のリハビリテーションにおけるコミュニケーションの取り方

を開催します。

そこでは患者様へのかかわり方や接し方、リハビリの進め方などを

オンラインでご講義いただけますので、

もしあなたが患者様の接し方に悩んでいるのであれば、

ぜひこのセミナーをお勧めします。

 

seminar.ep-och.com

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

【併せて読みたい】

在宅医療を支える訪問看護におけるターミナルケアとは - エポック訪問看護ステーション

 

 

エポックでは、自費訪問リハビリサービス・訪問看護ステーション・エポックボディープラス・セラピスト向けセミナーを行っています。

自費訪問リハビリサービス | 自費訪問リハビリなら EPoch-エポック-

兵庫県伊丹市の訪問看護はエポック訪問看護ステーション - エポック訪問看護ステーション

阪急稲野駅JR猪名寺駅からスグ!カラダのことならEPoch Body+エポックボディープラス 

理学・作業療法士 セラピスト向けリハビリテーションセミナー

 

#リハビリ #理学療法士 #作業療法士 #言語聴覚士 #エポック #訪問リハビリ #リハビリテーション #訪問看護 #オンラインセミナー #セミナー #ターミナル #神経難病 #がん #緩和ケア #終末期リハ #コミュニケーション