EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、IT事業、整体院事業、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

【続けるコツは?】筋トレは一日にしてならず、を理解しよう

この夏に向けて残り2ヶ月、あなたはカラダ改造計画を練っていませんか?

今年の夏こそベストスタイルで望みたいですよね。

 

ですが、筋トレは一日にしてならずです。

月曜日に始めたワークアウトの結果が水曜日に出てくれたら言うことなしですが、

実際に結果が出るには時間がかかります。

 

筋力、持久力、筋肉のサイズ、脂肪減少など、

誰もが気にする数値が変わるには少なくとも数週間を要するのです。

 

動くなら今!!このときです。

 

だからこそ、続けるための秘訣をお教えします。

 

 

小さな目標達成を積み重ねて大きな目標を達成する

 

モチベーションを保つためには、まずは目標を立てることが重要です。

「レースに出る」「リフティングができるようになる」「7月のビーチでかっこよく見えるようになりたい」など、

大きな目標を持つと、モチベーションを維持しやすくなります。

 

私は昔買ったジャケットが着れるようになるということですかね。

 

でも、そういう目標と直接関係ないワークアウトをする日のモチベーションを保つにはどうしたらいいのでしょうか。

まずは、小さな目標を設定して、1つ1つのワークアウトを着実にこなしましょう。

 

行なったワークアウトを色分けしてレースの日まで記録してテンションをアップしたり、

1つのエクササイズを繰り返し行なうという目標を設定して、1分間に行なう回数を決めて実行しましょう。

 

 

トレーニング日記をつけてみよう

 

本当は進歩しているのに、それを見逃していることもあります。

たとえば、1カ月前からサイクリングのクラスに出ているあなた。

1カ月前は、クラスが終わるとヘトヘトだったのに、

今日はちょっと疲れを感じるぐらいだとしたら、体力が向上した証拠です。

 

たとえば、スクアット、ベンチプレス、デッドリフトをどれだけやったか、

1マイルをどのぐらいの速度で走れるか、懸垂を何回できるか、などです。

 

身体組成に関する目標を達成しようとして頑張っているなら、

体重や身体のサイズを記録してみましょう。

 

ワークアウトをするたびに何をしてどう感じたか書き留めておくと

貴重なトレーニング日記になります。

気持ちが落ち込んだとき、その日記を1カ月か2カ月さかのぼってみると、

どれだけ進歩を遂げているかがよくわかるはずです。

 

 

ぜひ、毎日を続けることで自分の身体改造をしていきましょうね。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。