EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、訪問看護ステーション、IT事業、Body +、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

地域で働くセラピストへ|心リハの知識でリスク管理を徹底しよう

血圧を測るの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

 

先日、スタッフと少し議論になりました。

心リハという話になると、どうしても急性期や回復期になる。

地域のセラピストにも学んでいただくにはどうすればいいか。

 

確かに心リハというと、心肺運動負荷試験やCPXなどを使って

持続的な運動負荷をかけるということが重要になります。

 

しかしながら心臓リハビリテーションは少しずつ普及しており、

外来に通院して心リハを受ける患者さんは増えています。

その一方で、様々な理由から外来に通院できない患者さんが

多くおられることも事実です。

 

『在宅では生活で精一杯だから、心リハなんてやれない』

 

こうした意見があるのも事実です。

ですが、上記のように話を聞くと、

在宅だからこそ、心リハが重要だということはわかると思います。

 

皆さんは在宅で心リハを提供するためにはどうすればいいと思いますか?

 

あなたに伝えたい地域における心リハの重要性とは

2025年問題が迫る中、各自治体は地域包括ケアシステムの構築に取り組んでいます。

 

そんな中、新型コロナウィルスの問題もあり、

多くの高齢者向けの体操やリハビリサロンのような集いの場が

有効活用されているとは思えません。

 

一方、循環器病対策基本法が施行され、

法令に従って循環器病対策の取り組みも行う必要が出てきており、

これら二つの取り組みは一部相互作用を有すると考えております。

 

広い意味での介護予防、地域での生活を支えるという視点、医療と介護の連携、

どれをとってもこれからの心リハに求められることです。

 

将来的には、地域包括ケアの1つのシステムとして心リハをベースとした

包括的疾病管理プログラムが求められていると考えております。

 

そんな中で、皆様に地域の中で心リハを提供するために

必要なリスク管理とフィジカルアセスメントのセミナーをご用意いたしました。

 

seminar.ep-och.com

 

seminar.ep-och.com

 

在宅・訪問分野ではなかなか医療器具が少なく、

心不全の病態を客観的に評価することができません。

だからこそ、体表面から理解できる症状をいかにくみ取って、

今の病態を理解するかが求められます。

 

患者様は自宅で生活することを望まれています。

しかしながらリハビリや日常生活をする中で運動過多になってしまって

病院に出戻りになるということは避けなければいけません。

 

特にリハビリの最中に急変を起こすなんてことは目も当てられません。

 

だからこそ、あなたが患者様の状態をきちんと把握して

安全な生活スタイルを提供する必要があるのです。

 

もしあなたが地域で働かれているのであれば

ぜひ以下のサイトに掲載されている状態はきちんと把握し、

考えうるリスク管理を徹底できるようにしてください。

 

今後、個々の疾患・疾病を治療するだけではうまくいかない超高齢社会において、

あなたに求められることは、包括的な取り組みであると考えています。

その方法をあなたにお伝えしたいと思いますので、

ぜひご参加を心よりお待ちしております。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

エポックでは自費の訪問リハビリで心臓リハビリを在宅で行う取り組みを実施しています。

自費訪問リハビリサービス | 自費訪問リハビリなら EPoch-エポック-

兵庫県伊丹市の訪問看護はエポック訪問看護ステーション - エポック訪問看護ステーション

 

循環器リハビリテーションセミナーもラインナップのセミナー一覧はこちら

理学・作業療法士 セラピスト向けリハビリテーションセミナー

 

#リハビリ #理学療法士 #作業療法士 #言語聴覚士 #エポック #心臓リハビリ #心不全 #訪問看護 #訪問リハビリ #リスク管理