EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、訪問看護ステーション、IT事業、Body +、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

あなたが栄養状態や血液データの読み方を学ぶべき理由とは?

血液検査写真素材、ロイヤリティフリー血液検査画像|Depositphotos®

 

あなたは脳血管や整形疾患患者において

どうすれば精度の高いゴール設定ができるか悩んでいませんか?

 

私も多くの参考書や文献を読んできましたが、

なかなか「これだ!」というものに出会うことができませんでした。

 

しかし、血液生化学データや栄養・代謝・呼吸循環器など

全身状態の管理方法を学んだ結果、

脳血管や整形疾患患者のゴール設定が極めて高精度に行えるようになった経験を、

このセミナーを通じて皆様にお伝えしたいと思います。

 

  • 脳血管疾患や整形疾患患者を担当して様々なテクニックを試してみたけれど思ったよりも介入効果が出ない
  • 想像以上に良くなった理由がいまいちよくわからない
  • ゴール設定の精度が不確かだと感じることがある

 

このように感じている方はぜひこのセミナーをご受講ください。

血液データや内部障害の知識があまりない方でも理解していただける内容になっています。

seminar.ep-och.com

 

なぜ血液データの見方、栄養状態を学ぶべきなのか?

保険診療下でリハビリ介入をする場合、当然ですが算定期限が存在します。

特に回復期リハビリテーション病棟などからの退院では、

期限内にどの程度の運動能力を獲得できるのかを予測することが重要です。

なぜなら環境面の調整には時間がかかりますし、

介護等のサービスを利用する場合には他事業者の都合が関わってくるからです。

 

高齢者や有疾患者で筋力はどのように強化すればよいのでしょうか?

何が筋力強化の妨げとなるのでしょうか?


これを正しく予測するためには、

メカニカルストレス(運動療法)を与えるだけでは不十分です。

末梢に位置する骨格筋に対して適切な栄養や酸素が供給できているかどうかや、

骨格筋に分化する筋衛星細胞の活性度やそれを育むための微小環境がどうであるかを想像する力が必要です。

 

これらを理解するために、血液データを確認できる知識や技術が必要なのです。

 

エポックセミナーを受けると血液データを理解することができます

この講義を担当してくださる池田先生は昭和大学において超急性期から地域まで

10 年以上のリハビリテーション業務に従事する傍ら、

大学院では転倒予防や、腎臓病や糖尿病の重症化予防をテーマに

臨床疫学的な研究を行ってこられました。

 

その中で内科系疾患のリハビリテーションにおいて

血液データの見方の重要性をセラピストにわかりやすく紹介してくださっています。

 

もしあなたがこのセミナーをご受講いただけたなら、

明日から臨床の患者様の状態を、血液データをもとに評価することができるでしょう。

 

臨床の中で患者様の治療に悩んでいるあなたにおすすめのセミナーです。

 

seminar.ep-och.com

 

今後、セラピストに求められる技術は、

痛みの取り方や片麻痺の機能改善に対する技術ももちろんですが、

リスク管理など、全身状態を把握できる知識や技術が求められます。

 

それはなぜかというと、病院から地域に働く場所が変わってきており、

リスク管理を徹底できるセラピストが求められているのです。

もしあなたがこれから何かを学びたいと考えているのであれば、このセミナーがおすすめです。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

【そのほかのセミナーラインナップ】

理学・作業療法士 セラピスト向けリハビリテーションセミナー

 

エポックでは、自費訪問リハビリサービス・訪問看護ステーション・エポックボディープラス・セラピスト向けセミナーを行っています。

 自費訪問リハビリサービス | 自費訪問リハビリなら EPoch-エポック-

兵庫県伊丹市の訪問看護はエポック訪問看護ステーション - エポック訪問看護ステーション

阪急稲野駅JR猪名寺駅からスグ!カラダのことならEPoch Body+エポックボディープラス 

 

#リハビリ #理学療法士 #作業療法士 #言語聴覚士 #エポック #訪問リハビリ #リハビリテーション #訪問看護 #オンラインセミナー #セミナー #治療 #血液データ #予後予測 #栄養管理 #リハビリテーション栄養 #リスク管理