EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、訪問看護ステーション、IT事業、Body +、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

リハビリテーション事業部

セラピスト必見 動作分析が苦手なあなたに解決方法をお教えします

ばね指治療の大原則 痛みを出さずに治療する方法教えます

腰痛改善に必要なリハビリ技術はエポックセミナーで学ぼう

リハビリの仕事はチームで行う その意味をあなたは理解していますか?

肩こり予防にストレッチポールが効果的だと知っていますか?

10月から始められる、インフルエンザの感染予防対策

変形性膝関節症の痛みを出さずに体重を落とす方法を教えます。

変形性膝関節症の治療は膝ではなく体重を落とすところから始めよう

外来リハビリだけでなく、入院患者様のリハビリを担当するうえで変形性膝関節症の患者様のリハビリをすることはとても多いと思います。内側広筋のセッティングをしてもよくならない 膝の痛みをなかなか改善することができないこのような悩みを持つ方は、そこ…

外来心臓リハビリテーションは糖尿病性腎症の進行を抑制できるか?

心臓リハビリテーションにおいても、生活習慣病をいかに維持改善するかが重要な課題です。生活習慣病の中でも合併症が多く生命予後との関連も強いのは糖尿病です。外来心臓リハビリテーションが慢性腎臓病(CKD)に対してどの程度の効果があるのかを検討した…

足の痛みの原因 偏平足を起こす内側アーチの減少は体幹機能に問題がある

毎朝更新エポックブログです。弊社の自費訪問リハビリやリハビリセミナーなどのお得な情報やリハビリテーションにまつわるトレンド記事をお伝えします。通勤時間などのスキマ時間にどうぞ!

過呼吸(過換気症候群)の改善策は「良質な睡眠」と「マインドコントロール」

季節の変わり目や仕事が少し忙しい時、心配事がある時、睡眠不足と感じる時に、胸が苦しくなったり、呼吸が早くなったりしませんか。それは、過換気症候群かもしれません。生活スタイルの中で、誰でもが突然に起こしてしまう症状です。原因を見つけ、マイン…

訪問看護・リハビリテーションにおけるコミュニケーション支援の大切さ

リハビリテーションにおいて、特に難病の方のリハビリにおいて、コミュニケーションの支援というものはとても重要なものです。自分のこうしたい、ここがつらい、という要望が伝えられなくなったら?家族が何を望んでいるか、わからなくなったら?そのような…

虫歯にご注意 肩こりや頭痛が治らないあなたはかみ合わせが悪いからです

・肩こりがなかなか治らない・頭痛がする・ご飯が食べたくない・歯をかみしめると頭が痛くなる。これらは歯のかみ合わせが原因で起こる症状として知られています。かみ合わせが崩れる原因は様々ありますが、一番一般的なのは虫歯でしょうか。 歯のケアを怠る…

新卒理学療法士・作業療法士の就職先第一選択肢が「病院」はもう古いの?

一昔前では、新卒理学療法士・作業療法士の就職先の第一選択肢は「病院」が当たり前でしたが、今では 訪問看護・訪問リハビリなどの在宅分野でも新卒セラピストが増えてきています。「病院が就職先の第一選択肢とならないことも増えてきている」ようです。今…

在宅酸素療法に訪問看護・リハビリのサポートを受けながら自分らしく暮らすコツ

呼吸器疾患の悪化で入院の後、在宅でも酸素療法が必要になられる方がいます。リハビリに取り組み、携帯酸素ボンベを持参しながら旅行や買い物など活動的にお過ごしの方は沢山おられます。施設でも、在宅酸素療法の受け入れがあるところが多くなってきていま…

片麻痺の上肢機能トレーニングは四つ這い練習が効果的です

麻痺側上肢の動きが悪い。リハビリで体幹や肩甲帯の固定性を高めなければいけないのはわかっている。しかしその固定性を高めるためのトレーニング内容がわからない。そうした悩みは臨床の中で多く見られることと思います。 今日はその解決方法について書いて…

脳卒中の患者様の上肢トレーニングは麻痺側側の起き上がりから始めてみよう

脳卒中患者様のリハビリにおいて、「上肢機能の改善に悩んでいる…」「上肢のトレーニングをどうしたらいいのかわからない…」という理学療法士・作業療法士の方はいませんか?そんな場合は、麻痺側側の起き上がり練習はぜひ行っておいていただきたいと考えて…

知っておきたい、季節の変わり目に悪化する気管支喘息と基礎知識

気管支喘息は、季節によって症状の変動が激しい病気です。気管支喘息は、大人になってから発症することも珍しくありません。訪問看護をご利用の中には、呼吸器疾患、その他疾患をお持ちの方が大半です。気管支喘息をお持ちの方には内服管理や吸入薬の指導な…

頸部を治療するときに気を付けておくべき点とは?

肩こりについては肩だけに収まるものではなく 首のコリや頭痛にも発展してきます。 こうなってくると肩こりだけを対象として治療するわけにもいきません。

心臓リハビリテーションは体力をつけるのが目標ではない

心臓リハビリテーションの中で一つ誤解されていることがあります、それは「心リハって体力をつけるためにやってるんでしょ?」ってことです。しかし、体力をつけることなんて大した目標ではない患者さんが大半です。今回はCROP研究という論文を引用しつつお…

訪問看護も受けられる!施設入所サービスの違い、説明できますか?

高齢化が進み、施設入所サービスも多様化してきました。種類も増え、何がどう違うのか?よくわからないという方も多いと思います。住み慣れた自宅で過ごすことができなくなっても、より充実したサービスを受けられることで、家にいるのと同じように充実し、…

看護師が伝えたい、褥瘡をつくらないための基礎知識  

ぎっくり腰を起こしてしまったら安静にすれば治療が遅れるって本当か?

腰痛で悩む人は全国で約2800万人。ぎっくり腰の危険性は日常のいたるところに隠れています。ぎっくり腰、急性腰痛を起こした後は「安静にしましょう」と言われることが多いように見受けます。どんな治療が適切なのか、皆さんはご存じでしょうか?

生活習慣が寿命を縮める。動脈硬化こそ三大死因の原因です。

生活習慣病の危険因子とは何か知っていますか?それは「動脈硬化」です。「サイレントキラー」の名の通り、動脈硬化によって引き起こされる様々な疾患が、重大な予後不良因子となりえるのです。

悩めるあなたへ|理学療法士・作業療法士自身を高めるマインドノート・マインドマップの作り方

人間の頭の中は、色んな思考が頭の中を絶えず浮かんでは消え浮かんでは消え、と繰り返しています。たくさんのアイディアが出てきても、それが上手くまとまらないことも多いですよね。そんな貴方におススメしたいのが、「マインドノート」です。今回はマイン…

介護保険の要支援と要介護ってどう違うの?サービスは?訪問看護は?リハビリは?  

65歳以上になったら、誰でも介護保険のサービスを受けられるようになります。 介護保険を受けるには「介護認定」を受ける必要があります。 介護度は要支援1・2、要介護1~5と段階が分かれていて、受けられるサービスや限度額が違うというのをご存じですか?

リハビリ×〇〇?理学療法士・作業療法士も|さあ、作業を始めましょう~リハビリ×農業という考え方が今新しい~

新聞に、農作業リハビリは患者様の集中力を高め、身体能力に変化を及ぼすという記事がありました。身体機能を高めるための作業療法として農作業を活用している病院も増えています。

看護師が今伝えたい、動脈硬化のリスクと予防法

健康診断で、動脈硬化やコレステロールについて指摘されたことはありますか?健康診断の結果のみを見て本当は気になっていても、改善策に取り組めていないという方は多くないでしょうか。訪問看護の場では、検査結果を見て生活指導を行うことがあります。

寝ても疲れが取れないあなたは猫背を解消しよう

よく肩がこるから肩回りをマッサージしようという話に行きつきますが、それを引き起こしている原因は肩周りの筋肉ではありません。猫背ということは体幹が屈曲していると考えてみてください。要はストレッチが重要なのです。

あなたの水虫の知識や治療は、間違っていませんか。

「ひょっとして水虫かも…」 そんな時に、市販薬や病院などで外用薬を準備してご自身で水虫のケアをされる方は多いと思います。大体どのくらいの期間外用薬を塗っていますか。治りきる前に外用薬をやめていないでしょうか。